SEO対策で一番大切な事と絶対にやってはいけない事!

インターネットの世界を掌握してる存在とは?

WEBサイトを運営する企業や個人は、多くのネットユーザーから運営サイトへ訪問してもらう為に、SEO対策をしています。

 

インターネットの世界が進化する過程の中で、有効とされるSEOの取り組みも都度変化してきたわけですが、そもそも誰から評価を受けることによって検索上位表示を可能にし、今一番大切なSEO対策とは何なのでしょうか?

 

先ず、検索順位を決める為に世界中のWEBサイトを評価しているのは、検索エンジンです。

 

検索エンジンはアルゴリズムを使って、頻繁に検索結果の並べ替えを行うわけですが、このアルゴリズムを構築しているのが世界的大企業のGoogle(グーグル)になります。

 

つまり、インターネットの世界はGoogleが掌握していると言っても過言ではないのです。

 

次に、SEO対策で一番大切な事ですが、簡単に言ってしまえば、インターネットの世界を掌握しているGoogleに従い、Googleに好かれるサイト構築をすることだと思います。

 

したがって、その逆のSEO対策で絶対にやってはいけない事は、Googleから嫌われる事と言えるでしょう。

 

Googleから嫌われて、最も重いペナルティーを科せられれば、インターネットの世界から運営サイトが削除されるわけですから、IT業界の重鎮であるGoogleに従うことは、私達サイト運営者の生き残る大前提なのです。

 

 

※関連記事⇒『IT業界の重鎮Google(グーグル)の基本姿勢とは』

 

 

 

Google(グーグル)から好かれるWEBサイト

Googleが好むWEBサイトは、ネットユーザーに有益となるサイトです。

 

ネットユーザーの要求に対して、専門性が高く詳細な情報を提供できるWEBサイトは、検索エンジンから評価されます。

 

ネットユーザーが検索したキーワードに関連性が強く、更には、充実したオリジナルのコンテンツを豊富に持つWEBサイトは、検索結果の上位に表示される可能性が高くなるのです。

 

Googleから好かれるサイトを作るには、ネットユーザーの立場になって、より役立つコンテンツ作成を目指す事が最も重要です。

 

 

※関連記事⇒『検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは』

 

 

 

Google(グーグル)から嫌われるWEBサイト

Googleから好かれる為には、コンテンツの充実が最も大切なわけですが、あまりコンテンツが充実していないからと言って、検索順位が低くなることはあったとしても、評価が低いだけで特にGoogleから嫌われているわけではありません。

 

Googleが嫌うWEBサイトは、検索エンジンだけを意識した過剰なSEO対策のサイトや、サイト運営者の利益だけを優先したサイトです。

 

アルゴリズムの隙を突くことで検索エンジンンの評価を上げようとしたり、利益を優先してアフィリエイト広告などがあるページへ強制的に誘導したりするWEBサイトは、Googleからペナルティーの対象となる事があります。

 

どちらの取り組みも、ネットユーザーにとって有益ではありませんので、Googleが目指す基本方針とは大きく異なります。

 

今後は、より検索エンジンの性能が向上すると思いますので、今はGoogleの方針に反して成果を挙げているサイト運営者も、更に厳しい状況に立たされることは間違いないと思います。

 

 

※関連記事⇒『ホワイトSEOとブラックSEOの違いとは?メリット・デメリットは?』





\おすすめのアンケートサイト/