ブログ記事は2000文字以上が妥当!でも読者は2000文字も本当に読んでくれるの?

なぜ2000文字以上の記事にしなくてはいけないのか?

ネットビジネスなどでブログを活用しているブロガーの多くが、1記事あたりのボリュームを2000文字~3000文字程度で推奨しています。

 

勿論、ダラダラと意味のない長文を作るのではなく、読者にとって有益且つ魅力的な出来栄えを意識しながら、充実した記事内容になる事を心掛けなくてはいけません。

 

しかし、なぜ多くのブロガーが2000文字以上の記事作成を推奨しているのでしょうか?

 

その大きな理由の1つには、充実した記事作成がロングテールを可能にする有効なSEO対策になることが挙げられます。

 

現在、最も有効とされるSEO対策は、質と量が充実したコンテンツの作成だと言われています。

 

Google(グーグル)の検索アルゴリズムは、ネットユーザーにとって有益となるWEBサイトを優先的に公開できるように進化してきました。

 

以前は、WEBサイトの質に対する判断基準が確立できていない状況もあり、自作自演の被リンク張り付けなどで検索上位表示が可能な時代もありました。

 

しかし、現在はコンテンツの質・量・オリジナリティーなど、検索エンジンはしっかりと作りこまれたWEBサイトを高く評価することができるようになりました。

 

その為、多くのブロガーがコンテンツの最も重要な要素となる記事作成について、ボリューム・内容共に充実したものを書き上げるように推奨しているのです。

 

 

※関連記事

『良質なコンテンツがSEOに効果的な理由』

『良質なコンテンツを作る為の4つの基本』

『検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは』

 

 

 

 

2000文字以上の記事作成は大変だけど読まれる時間は一瞬

ブロガーにとって、2000文字以上の記事作成を続けることは簡単なことではありません。

 

恐らく、1記事あたりの作成に1時間~2時間程度は必要になると思います。

 

記事作成に慣れない初心者の方であれば、2時間以上を必要とすることもあるでしょう。

 

SEO対策の効果を引出す為には、このようなボリュームの記事を300~700程度書き貯めることが求められます。

 

とても地道な作業の継続を余儀なくされるわけですが、人気ブログの形成、或はネットビジネスで稼げるブログの形成には、避けて通れない工程でもあります。

 

この作業に耐えることができるか否か、独自のスタイルで作業を効率化できるか否かが、ブログで稼ぐ為の大きな分岐点になるのです。

 

確かに、2000文字の記事作成を続けることは大変なのですが、読者はこの苦労して作った記事を3分程度で読み終えてしまいます。

 

人が文字を読む平均的なスピードは、1分間に400文字~600文字だそうです。

 

したがって、2000文字程度の記事であれば3分少々、頑張って3000文字の記事を作成した場合でも、読者は5分程度で読み終えてしまうわけです。

 

2時間近い時間を費やして作成した記事でも、読者にとっては3分~5分程度で情報収集できてしまう事を考えれば、SEOの観点からだけでなく読者の立場で観た場合にも、多くの充実した記事を揃えることは重要である事が理解できると思います。

 

仮に、1記事あたりのボリュームはそれなりでも、10記事しかないブログであれば、早々に他の情報量の多いブログへと移動してしまうことでしょう。

 

一筋縄でいかない作業ではありますが、検索エンジンにも読者にも評価される為には、絶対に必要であることが十分に理解頂けるのではないでしょうか。

 

 

※関連記事

『効果が期待できるブログの記事数・ページ数』

『ブログ読者共通のツボを刺激する13の考え方』

『人気ブログを形成する9つの条件』





\おすすめのアンケートサイト/