検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは

Google(グーグル)の判断基準が有効なSEO対策を決める

ブログなどのWEBサイト運営で、検索上位表示を目指すことはとても重要で、その為には効果的なSEO対策に取り組む必要があります。

 

今までに有効とされるSEO対策は色々ありましたが、インターネットの歴史と共に取り組み方も変化してきました。

 

現在も、ブラックハットなどの裏技的なSEO対策は選択肢として一応効果が期待できる手法ではあるものの、正攻法且つロングテールを可能にする最も有効なSEO対策は質の高いコンテンツを積上げることだと言われています。

 

したがって、ネットでお金を稼ぐ為に運営しているWEBサイトなどは、ライバルサイトよりも正確で質の高い豊富な情報提供が求められ、その為には専門性の高い記事を数多く蓄積していくことが絶対条件となるのです。

 

後に、その取り組みが評価されれば、特定のキーワードに対して検索上位で表示されることになります。

 

では、コンテンツの質を決める評価はどのような基準で判断され、誰がどのようにして検索順位を決定しているのでしょう。

 

世界中の人々が利用するWEB上の世界は、良くも悪くも現時点ではGoogle(グーグル)が完全に掌握しています。

 

つまり、WEB上に誕生したコンテンツはIT業界の重鎮であるGoogleが評価し検索順位を決定しているわけです。

 

※関連記事⇒『IT業界の重鎮Google(グーグル)の基本姿勢とは』

 

Googleはコンテンツを評価する際に、検索ロボットがWEB上のサイトを巡回し収集した膨大なデータを基に判断基準に照らし合わせていきます。

 

より多くの基準をクリアできれば質の高いコンテンツとして判断されますし、クリアできない項目が多ければ粗悪なコンテンツや場合によっては悪意あるコンテンツとして判断されることになります。

 

人間が良質か否かを判断するのであれば十人十色の基準があって然りなわけですが、ロボットが判断する基準は予め設定されている特定の内容が基となりますので、基準外のものは容赦なくはじかれていくことになります。

 

このような現状を理解した上で、今後のコンテンツ作成の取り組み方を考えてみたいと思います。

 

特定の基準で検索ロボットがWEBサイトの質を判断するのであれば、私達運営者が判断基準を認識することで、質の高いコンテンツと認められる記事が作りやすくなるはずです。

 

 

 

 

Google(グーグル)が考えるコンテンツの判断基準の傾向

実は、Googleは検索順位に影響を及ぼす判断基準を明確には公表していません。

 

その為、確実な基準は誰にも解らないわけですが、業界では良質なコンテンツとされる判断基準ではないかと言われている項目が幾つかあります。

 

 

 

テキスト内容(記事内容)のオリジナリティー

WEB上に公開する記事内容にはオリジナリティーが求められます。

 

他のサイトから記事を引用したり、リライトする場合には十分な注意が必要となります。

 

この場合、あくまでもテキスト内容のオリジナリティーのことであり、例えばテンプレートなどで他のサイトと同じデザインを使用したりすることは問題ありません。

 

 

 

情報公開の順番

類似する情報がネット上では幾つも公開されているわけですが、私達の目にはわからなくてもGoogleにはどの情報が1番最初にアップされたコンテンツなのか判断することができます。

 

したがって、全く同じ情報を提供する記事であれば、2番目、3番目にアップされたコンテンツは不利な状況になる可能性があります。

 

 

 

記事の文字数

単純に文字数が多い記事が良いとは言えませんが、専門性が高く質の高い記事を作成しようとすれば、それなりの情報を公開する必要がありますので、必然的に文字数も増えるはずです。

 

業界内では文字数が多い記事程、Googleが良質と判断する傾向はあると考えられています。

 

 

 

 

人間が考えるコンテンツの判断基準の傾向

一方、私達人間が質の高いコンテンツだと判断する材料は、人それぞれ個人差があります。

 

視覚に飛び込む画像や感情に訴える文章内容など、感覚的なものから内容の具体的な質にまで幅広く基準が設けられます。

 

中でも、人間の判断基準の傾向として代表的な項目をいくつか挙げてみましょう。

 

WEBサイトのデザイン

新鮮な情報の掲載

求めている具体的な情報の掲載

文章のわかりやすさ

読みやすい字体・文法・レイアウト

有益且つ価値ある情報

続きが読みたくなる文章の構成

 

以上のような項目に対し、多くの人が優れていると判断してくれれば、私達人間にとって質の高いコンテンツとして受け入れられるはずです。

 

 

 

 

Google(グーグル)と人間に共通する判断基準

私達がWEBサイトの検索順位を上げるには、何はともあれGoogleを意識せざるを得ない事はご理解頂けたと思います。

 

しかし、検索で上位表示された後に多くのネットユーザから納得してもらい、そしてリピーターとなってもらうには、ロボットではなく人間である個別のユーザーから支持されなければ、最終的な目的を果たすことはできないのです。

 

つまり、最も優れたコンテンツを作るにはGoogleと人間の基準をクリアできるだけでなく、双方の共通する基準をより強化していくことが必要と考えられます。

 

勿論、簡単な事ではありませんが、これができれば間違いなくロングテールが可能になり、最終的な目的も果たすことができるはずです。





\おすすめのアンケートサイト/