アフィリエイトで稼ぐコツは必要最小限の広告掲載

WEB広告を邪魔に感じるネットユーザーが殆ど

アフィリエイト初心者が失敗する理由の代表的な例の一つが、闇雲に必要以上のバナー広告・テキスト広告を貼り過ぎてしまうことです。

 

数の原理から沢山の広告を掲載すれば成果の確率が上がると考えているのかもしれませんが、広告だらけのサイトはコンセプトが解り難く、訪問したネットユーザーは理解に苦しむサイトに困惑したり不快感を抱いたりすることがあります。

 

つまり、明らかな逆効果に通ずる取り組みとなるのです。

 

また、ある調査によると多くのネットユーザーは、WEB広告に対して「邪魔」であると感じているそうです。

 

ネットユーザーがブログなどのWEBサイトを訪問する際は、有益となる情報の収集や何らかの目的があって訪問することが殆どです。

 

いざサイト訪問した時に目的以外のものが数多く目につくような状態であれば、やはり邪魔と感じても不思議はないわけです。

 

関連性のない広告を無暗に掲載し、肝心の欲しい情報は何も手に入らないのであれば、当然ながら訪問ユーザーは不快感を抱き早々にサイトを離脱してしまう可能性が高くなります。

 

したがって、全てのアフィリエイターは先ず第一に、サイト訪問した全てのネットユーザーが広告を探しに来たわけではない事を肝に銘じなくてはならないのです。

 

サイトアフィリエイト・ブログアフィリエイト・メルマガアフィリエイト、どのようなジャンルであっても、先ずはコンセプトや発信する情報の内容を明確にすることが大切です。

 

特に、発信している情報については、訪問ユーザーにとって魅力的且つ有益である必要がありますし、解りやすいものである必要があります。

 

だからこそ、それぞれのページに掲載する広告は必要最小限に抑え、訪問したユーザーが求めるものが探しやすいようなシンプルなサイト構成にすることが、結果的にはアフィリエイトで稼ぐコツと言えるのです。

 

 

 

 

大手ポータルサイトから学べる適正な広告掲載数

WEB広告が多くのネットユーザーから敬遠されている現状は真摯に受け止め対応していく必要はありますが、アフィリエイトで稼ぐ以上、当然ながら広告をゼロにすることはできません。

 

意味もなくアフィリ広告を沢山掲載するのではなく、適正と判断できる数を掲載することがポイントとなるわけです。

 

では、どの程度の広告数が適正なのでしょうか?

 

先ず、トップページの広告掲載数はYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いと思います。

 

Yahooを見てみると、掲載している広告のインパクトはありますが、サイト全体の構成を見ると広告数は意外と少なめです。

 

やはりYahooの利用者も広告を見る為にアクセスしている人は少ないと思いますので、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しています。

 

次に個別のページについてですが、この場合は掲載する各記事は良質なコンテンツである事が求められます。

 

質の高いコンテンツを作成するとなると、基本的に1記事1テーマで構成することがベストです。

 

この場合、1テーマに関連するアフィリ広告は限られてきますし、時にはテーマに関連するアフィリ広告が無い場合もあるはずです。

 

ポイントは無理に広告を掲載しようとせず、伝えようとしていることを重視したバランスの良い構成を心がけることなのです。

 

このように大手企業の人気サイトやトップアフィリエイターのサイトなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載数が適正かが見えてきます。

 

特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されていることに気付くはずです。

 

先ずは、訪問ユーザーの満足を第一に考えて、アフィリ広告重視のサイト構成は頭の中から排除すべきなのです。





\おすすめのアンケートサイト/