アフィリエイトの成果が期待できる稼げる広告の貼り方

アフィリエイト広告の特性を把握した記事作成と自然な配置

アフィリエイトはインターネットができる環境があれば、誰でも始めることができる広告収入が稼げる手法です。

 

誰でも始められる分、多くのアフィリエイト初心者が自己流で取り組み、初心者のまま1円も稼げずに諦めてしまうことも多くあります。

 

初心者アフィリエイターにありがちな最も多い失敗例の一つが、単純に多くの広告を掲載すれば稼げるものと勘違いして、闇雲に大量のバナー広告を貼り付けてしまうことです。

 

広告収入でお金を稼ぐ手法ですから、アフィリエイトで稼ぐ為には、当然ながら収入源となる広告の配置は極めて重要な意味を成します。

 

本来、ブログなどのWEBサイトを訪問するユーザーは、何らかの情報を欲してアクセスするのであって、広告の閲覧が目的ではありません。

 

むしろ、サイトに掲載される広告が邪魔と感じているネットユーザーが大多数を占めるのが現状です。

 

※関連記事⇒『アフィリエイトで稼ぐコツは必要最小限の広告掲載』

 

したがって、ブログアフィリエイト・サイトアフィリエイトでは、掲載する広告はサイトコンセプトにマッチしたジャンルである事が前提となりますし、極力サイト訪問者の目障りにならない量や配置が求められるのです。

 

サイト訪問者の希望を考慮した上で、効果的にアフィリエイトの広告収入を伸ばすには、先ず、掲載する広告の特性をしっかりと把握する必要があります。

 

アフィリエイトで掲載できる広告には、バナー広告テキスト広告の代表的な2種類があります。

 

バナー広告は色々な大きさや形の画像から広告主のサイトへリンクしている一方、テキスト広告は文字自体が広告主のサイトへリンクしているわけですが、インターネットをする人なら誰でも、しかも頻繁に目にしたことがあると思います。

 

この2種類の広告を掲載するにあたって、アフィリエイターが常に念頭に置くべき注意点があります。

 

バナー広告はあくまでも画像でしかない

テキスト広告は単語、或は一部のフレーズでしかない

 

つまり、広告の商品説明などがなく、バナー広告のみ、或はテキスト広告のみを掲載しても、目にした人は画像であり単語・フレーズとしか認識しない為、アフィリエイトの成果には繋がりにくく、初心者によくある失敗事例そのものに行き着くのです。

 

成果に繋げるには、それぞれの広告に対し興味を喚起するような充実したサポートが必ず求められ、そのサポートこそが質の高い関連記事の構築と、極めて自然な広告配置のサイト構成なのです。

 

 

 

バナー広告の為の紹介記事・説明記事を作成する

バナー広告の画像に興味を持ってもらう為には、広告の概要・特徴・メリット・デメリット・体験談など、関連する有益な情報を提供し広告のクリックを喚起する必要があります。

 

また、サイドバーでバナー広告を掲載する時も、レビュー記事とのリンクをさせることで訪問ユーザーがサイト内を効果的に回遊してくれる可能性が高まりますので、一手間・二手間を工夫しながら構築しましょう。

 

 

 

テキスト広告をさりげなく関連記事へ組み込む

テキスト広告は商品と関連する記事作成時に、文中にさりげなく組み込むことで効果を発揮します。

 

この場合のテキストは商品名などの単語となるわけですが、無理やり広告を挿入することは考えず、あくまで記事内容を充実させることに傾注し、自然な流れでテキスト広告を使うようにしましょう。

 

また、広告主によっては魅力的で豊富なテキスト広告を用意しているところもありますので、運営サイトとのマッチングを考えながら活用していきましょう。

 

 

 

自然且つ効果的な広告の配置場所

アフィリエイト広告は兎に角目立つ場所へ配置した方が良いと考えがちですが、あまりにも目立ちすぎると、逆に訪問者の不快感を煽り、サイトから離脱させてしまう可能性があります。

 

広告のアピールばかりを強調するのではなく、サイト内容に興味を示してくれるユーザーに対して、ごく自然な形で目に飛び込むような広告の配置が必要となります。

 

 

 

上段への配置

ユーザーがサイト訪問した際に、先ず目に入る場所がページの上段です。

したがって、ヘッダーなどトップページの上段部へ広告を配置することはクリック率を高めます。

但し、個別記事の記事上段などへ毎回広告を挿入することは、読者の不快を誘うことになりかねませんので注意が必要です。

 

 

 

記事の途中へ配置

記事の内容に沿った広告を記事途中へ組み込むことは、自然な流れでクリックを喚起させてくれます。

個別記事へ興味を持った人は一通り閲読するはずですから、上手に文章へテキスト広告を組み込んだり、要所でインパクトあるバナー広告を貼り付けたりすれば効果が期待できます。

 

 

 

下段への配置

記事を読み終えたユーザーは、必ず次のアクションを考えます。

戻るボタンをクリックしたり他の記事をカテゴリーから探したり、行動は人それぞれですが、記事を読み終え一つの目的を果たした時に、興味ある広告が目に飛び込んで来たら、次のアクションはバナー広告、或はテキスト広告のクリックかもしれません。

 

 

 

サイドへの配置
訪問したサイトを閲覧する際は、カーソルを真ん中に置く人はあまりいません。

文章を読んだり画像を観たりする時に、邪魔にならないように画面の横へカーソルを置くことが殆どなのです。

特に、マウスを右手で操作する人が多い為、サイト閲覧中は画面の右側へカーソルを置く人が圧倒的に多く、サイドバーへの広告掲載も右側が多い傾向にあります。

これは、カーソルから近い場所の方がクリックされやすいからなのです。





\おすすめのアンケートサイト/