治験バイトのおすすめ募集サイトランキング|報酬が稼げるBEST5
「治験バイトが稼げるらしい」ネットの情報を目にして、治験バイト/治験モニターに興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

しかし、同時に不安や疑問も少なからずあるはずです。

「本当に安全なの?」「いくら稼げるの?」など、そして治験バイトをネット検索してみると、幾つもの募集サイトがあり「どれを選べば良いのかわからない」このような方も多いと思います。

そこでこちらでは、治験バイトの疑問に答えながら、おすすめの募集サイトをランキング形式で紹介していきます。

治験バイトとは?

治験バイトとは?
先ず、「治験」とは新薬誕生直前の最終段階で、人間を対象に行う試験を指します。

私達が病気や怪我をした時に医療で使用できる新薬が誕生するまでには、とても長い研究期間を必要とします。

長期に亘る研究の中で、培養栽培やマウスなどの動物で色々なテストを繰り返したり、有効性の確認と安全性の評価をするわけですが、最終的に行う人間のテストが治験なのです。

そして、治験バイトは製薬会社が新薬を開発して発売する時に、実際の使用で治療薬としての効果があるか、また安全であるかなどのデータを収集する為に募集している人材です。

基本的に治験バイトの人材はボランティアとして募集しています。

しかし、実際には協力費や負担軽減費の名目で高額の謝礼が支払われている現状があります。

どんな治験モニターを募集しているのか?

どんな治験モニターを募集しているのか?
治験では様々な種類のモニターを募集しています。

健康な方を対象にした募集もあれば、持病や体の悩みをお持ちの方を対象にした募集もあります。

男女を区別した募集もあれば、年齢で区別した募集もあります。

また、医療系の募集の他に、ダイエットや美容系の募集、健康食品に関する募集などもあります。

  • 入院治験(健康な方へのワクチン接種など)
  • 高血圧症の治験
  • 高血糖値の治験
  • 骨粗しょう症の治験
  • うつ、総合失調症の治験
  • 自閉症の治験
  • 内臓疾患の治験
  • 糖尿病の治験
  • 肥満の治験
  • 喘息の治験
  • アトピーの治験
  • ニキビの治験
  • 美容製品のモニター
  • ダイエットのモニター
  • シミ、ソバカスのモニター

以上は、まだまだ治験モニターを募集している種類の一部に過ぎません。

とにかく、数多くの治験サイトでは様々な人材を必要としています。

治験バイトの安全性は?

治験バイトの安全性は?
治験バイトに対する一番の不安は、やはり「安全性」だと思います。

薬を処方されるなどの医療行為が行われるわけですから、副作用のリスクなど、その他にも色々な不安は付きまとうはずです。

しかし、心配はいりません。

治験バイトは、安全面に関する高い水準をクリアした後に人材を募集しています。

治験を行うには厚生労働省の認可が必要であり、この認可取得には当然ながら人間に害を及ぼすようなことがないように、十分な確認を経ています。

また、治験で処方する薬の殆どが「ジェネリック薬」です。

ジェネリック薬とは、既に販売されていた薬で、その特許が切れてしまった為に、新たに同じ成分で特許を申請する薬の種類です。

したがって、新薬の段階で十分な治験をクリアした薬の処方と言うことになりますので、副作用のリスクなどは既に一度確認されていることになります。

このように治験バイトの安全性は十分に確保されていますし、事前に医師からの説明がありますので、その内容を確認した上で参加の可否を判断することもできます。

治験バイトで稼げる報酬の相場

治験バイトで稼げる報酬の相場
治験バイトの稼ぎ方には以下の2つのパターンがあり、それぞれ1日当たりの報酬相場も異なります。

  • 通院パターン⇒1日当たり1万円程度
  • 入院パターン⇒1日当たり2万円程度

通院パターンは1日5時間程度の拘束で、入院パターンは24時間の拘束となります。

拘束される時間を考えれば、どちらが稼げるとは一概に言えませんが、入院パターンの場合には、数日から1か月程度入院することになりますので、かなり大きな報酬を稼げる可能性もあります。

例えば、ある治験サイトでは、2回に分けて計14日間の入院治験を行い、支払われる報酬が215,000円と記載されています。
治験バイトの案件事例と報酬

入退院の日には、拘束時間が若干短くなることを考えれば、やはり、概ね日当2万円で計算できると思います。

その他、通院パターンでも入院パターンでも交通費などが別途支給になりますので、基本的に自己負担する金額はゼロと言えます。

治験バイトのメリット・デメリット

治験バイトのメリット・デメリット
続いて、治験バイトのメリット・デメリットについて解説していきます。

治験バイトのメリット

高額な報酬が稼げる

治験バイト最大の魅力は、やはり高額報酬が稼げることです。

通院パターンでも1日当たり1万円以上の報酬が期待できますし、長期入院のパターンになると10万円~30万円程度の報酬も期待できます。

健康管理ができる

治験バイトへ参加するには、事前に健康診断を受けるケースが多くあります。

通常であれば、高額な費用が必要となる人間ドックレベルの充実した診断を無料で受けられます。

また、入院治験などでは、規則的な生活を送らなくてはいけませんので、生活リズムの改善にも繋がります。

治験バイトのデメリット

スケジュール調整が必要になる

通院パターンの治験でも、参加日は決められていますので、スケジュールの調整は必要になるわけですが、入院パターンの治験ともなると、長期間のスケジュール調整を求められることになります。

普段、本業の仕事がある方などは、事前に日程の確認調整をしっかりと行う必要があります。

食事制限がある

特に、入院パターンの治験では、食事量の制限を数日に亘り求められることもあります。

普段から食事量の多い方には、少々キツイ制限になるかもしれません。

おすすめの治験サイトBEST5

おすすめの治験サイトBEST5
ここからは、おすすめの治験サイトについてランキング形式で紹介していきます。

  • 1位 コーメディカルクラブ
  • 2位 ニューイング
  • 3位 JCVN治験ボランティア
  • 4位 V-NET
  • 5位 エル・スマイル ボランティア会

1位 コーメディカルクラブ

1位 コーメディカルクラブ
関東や関西を中心にモニター募集をしており、幅広い案件内容の治験を取り扱っているサイトです。

その為、健康な人は勿論、持病や身体のお悩みを抱えている人も、自分に適した治験を探せると思います。

また、登録内容に適した治験の案内も送ってくれるので、参加条件や日程のチェックもしやすいと言えます。

2位 ニューイング

2位 ニューイング
15年以上の実績がある会社で、治験サイトの中でも知名度が高いおすすめです。

通院・入院などのモニター募集も多く、特に入院の長期案件が他のサイトと比較して多いことが大きな特徴になります。

健康食品に関するモニターも広く募集している為、安全且つ気軽に治験モニターで稼ぎたい人にもおすすめです。

3位 JCVN治験ボランティア

4位 JCVN治験ボランティア
10年以上の実績がある会社で、通院・入院のモニターも多く募集しています。

アトピーやニキビなど肌トラブルのある方向けの案件が多いのも特徴で、自身の肌トラブルを治療しながら報酬を得ることができるサイトでもあります。

4位 V-NET

5位 V-NET
ニキビ治験モニターやヘルペス治験、アトピー治験のように、ピンポイントで症状別に案件を見つけやすいサイトです。

症状別の治験であれば競争率も低くなることが多いので、モニター参加の試験に受かりやすいと言うメリットもあります。

5位 エル・スマイル ボランティア会

3位 エル・スマイル ボランティア会
通常の治験とは異なり、トクホや健康食品の臨床試験モニターを募集しているサイトです。

ヨーグルトやサプリメント、飲料などのモニターがあるた為、他の治験とは異なる健康食品モニターとして気軽に参加することができます。

また、モニター参加の試験は土日開催が多く、学生やサラリーマンでも参加しやすいのが特徴です。

まとめ

治験モニター募集サイトの登録は無料で出来ます。

副業としてお金稼ぎが目的で治験モニターを始めることもできますし、ニキビ・アトピー・喘息・メタボなど、様々な体の悩みを治す目的で始めることもできます。

先ずは、どのような案件があるのかを自分の目で確かめて、興味ある治験バイトの募集には積極的に参加してみましょう。