在宅で稼ぐデータ入力とはどんな仕事なのか?初心者向けに内容を解説
データ入力は在宅ワークの人気No1業務です。

恐らく、この記事へ辿り着いた人の中には、「未経験だけどデータ入力業務を始めてみたい」と言う方も多いと思います。

「初心者でも稼げる仕事なのか?」「実際にどのような仕事内容なのか?」「いくら稼げるのか?」などなど、色々な不安や疑問を解消する為にネット検索してリサーチしているのではないでしょうか。

そこでこちらでは、これから在宅のデータ入力で稼ぎたい初心者の為に具体的な仕事内容と始め方を解説していきます。

在宅で稼ぐデータ入力の仕事内容

在宅で稼ぐデータ入力の仕事内容
在宅で稼ぐデータ入力の仕事は、発注者からの指定で文字や数値をPCで正確に打ち込んでいく作業になります。

業務の詳細説明などのやり取りは、EメールやLINE、またSkypeなどを利用することもあり、在宅ワーカーは業務終了後にEメールで指定フォーマットに入力したデータを添付して納品するやり方が一般的です。

指定フォーマットは、Excelや発注企業側独自のフォーマットなど色々なケースがありますが、概ねExcelでの依頼が多いようです。

中には、スマホで作業できるデータ入力業務もあり、スキマ時間を利用して稼ぐことも可能です。

基本的に、単純作業の連続になりますので、集中力を維持しながら正確性を保つことがデータ入力業務を上手にこなすコツと言えます。

以下は、よくあるデータ入力業務の具体例になります。

  • 顧客名簿の打ち込み
  • 名刺のデータ化
  • アンケートの集計

在宅のデータ入力で稼げる金額

在宅のデータ入力で稼げる金額
在宅で稼ぐデータ入力の報酬はかなり幅広い設定になります。

と言うのも、タイピングがそれほど早くない人でも簡単に始められるような業務から、経験を優遇されて始める難易度の高い業務までありますので、報酬はピンキリと言っていいほどです。

三大都市圏(首都圏・東海・関西)のデータ入力バイトの平均時給が1159円との統計で報告されていますので、これは1つの目安となると思います。

但し、在宅で自由度の高いデータ入力業務となると、この平均時給よりは3割程度低く考えた方が良いでしょう。

したがって、ブラインドタッチ、或いは、それに準ずるスピードのタイピングができる人であれば、時給換算で800円前後稼げる可能性はあります。

データ入力で求められるスキル

データ入力で求められるスキル
データ入力業務の難易度が幅広い分、求められるスキルもピンキリです。

未経験者が始めるのであれば、最低限のPC操作とExcelやWordを多少なりとも開いたことがある人であれば、こなせる仕事は必ず見つかると思います。

ただ、平均的なデータ入力の収入以上に稼ぐのであれば、やはり、ブラインドタッチ、或いは、それに準するスピードのタイピングはできた方が良いですし、指定フォーマットに対する理解力も高い方が良いと言えます。

このような現状から、データ入力ではスキルの高い人は相応の業務で稼ぐ事ができますし、未経験者の方は単純な入力作業から始めて、自分のスキルを徐々に上げながら高い報酬の仕事へとレベルアップすることできます。

在宅で稼ぐデータ業務の探し方

在宅で稼ぐデータ業務の探し方
データ入力業務の探し方も幾つかの方法があり、もし、最初から長期で仕事をしたいと考えているのであれば、求人サイトでデータ入力会社を探すことがおすすめと言えます。

殆ど求人が3か月以上での募集をかけていますので、安定的な収入を確保することに繋がります。

在宅ワークもバイトル

一方、自分のペースで仕事を進めたい人には、やはり、クラウドソーシングサービスの利用が手っ取り早くおすすめと言えます。

クラウドソーシングサイトは、業務量の多い大手を使うことで、できるだけ仕事の切れ間なく探すことができます。

また、クラウドソーシングと言えども、業務への信頼が高くなれば、特別単価での長期契約も可能になります。

いずれにしても、発注指示に対して正確且つ遅れることなく納品することを心掛けましょう。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

まとめ

在宅ワークは、経験値を上げていくことで自分なりのスタイルが構築されていきます。

同じ仕事へ打ち込むこともできますし、掛け持ちしながら効率的に稼ぐこともできます。

とにかく、積極的なチャレンジ精神が大切です。

頭で考えているだけでなく、先ずは、行動に移して体験してみましょう。