独自ドメインを取得するメリットとは?

ドメインの役割と種類について

ドメインはインターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別する名前で、簡単に説明するとネット上の住所のようなものになります。

 

例えば、Googleのページを開いた際には、「https://www.google.co.jp」とURLが表示されますが、「google.co.jp」の部分がドメインになります。

 

ドメインには大きく2つの役割があります。

 

1つはネット上でサイトの存在を知らせる住所の役割、そしてもう一つはメールアドレスを生成する為の役割です。

 

更に、ドメインには幾つかの種類があり、企業や商用向けのドメインやネット関連の事業や団体向けのドメイン、そして日本やアメリカの企業・団体向けのドメインなどがあります。

 

 

 

主なドメインの種類

com⇒企業や商用サービス向け

net⇒ネット関連事業や団体向け

co.jp⇒日本の企業向け

ne.jp⇒日本のネット関連事業や団体向け

 

 

 

 

無料で取得できるドメインと有料のドメイン

ドメインは無料で取得できるものと、お金を支払って有料で取得できるものがあります。

 

お金が掛からないドメインは無料ドメイン、お金を支払って取得するドメインは独自ドメインと言われています。

 

無料のドメインは他の利用者と共有して利用するドメインになりますので、必ず共有のドメイン部分が存在します。

 

一方、独自ドメインはドメイン取得業者からお金を支払って取得する為、自分だけが使えるオリジナルのドメインを利用することができます。

 

この点が、無料ドメインと独自ドメインの大きな違いになります。

 

 

 

 

独自ドメインのメリット・デメリット

ブログなどのWEBサイトを利用してネットビジネスをする人の多くは、費用を掛けながら独自ドメインの取得をしています。

 

費用が掛かる事やレンタルサーバーの用意・WEBサイトの管理など、デメリットと言える部分もあるのですが、それでも多くのマーケッターが独自ドメインを取得しています。

 

なぜ、無料でも取得できるのに有料となる独自ドメインを取得しているかと言えば、そこにはお金を掛けてでも必要となるメリットがあるからなのです。

 

 

 

シンプルで分かりやすいURLにできる

サイトのコンセプトに関連したドメインを取得することができ、無料ドメインと異なり共有部分がなくなる為、シンプルなURLにすることが可能になります。

 

シンプルである事で、ユーザーのみならず検索エンジンからも認識されやすくなりますし、サイトのブランド力向上も期待できます。

 

 

 

WEBサイトが無くなる事を防げる

無料ドメインの場合には、サーバーの利用も無料でさせてもらい、サイトURLを借りている状態になります。

 

一方、独自ドメインはお金を払って取得した自分だけのドメインであり、基本的にレンタルサーバーの利用が必要となります。

 

無料の場合には、サーバーやドメインの管理会社側の何らかの理由や倒産などで、いきなりドメインが消滅してしまうことも考えられます。

 

しかし、独自ドメインの場合には、仮にレンタルサーバーの会社が倒産したとしても、違うサーバーにドメインを移行すれば問題ありません。

 

同じドメインを長期にわたり、安心して利用できるのです。

 

 

 

リスクを軽減しSEOの効果が期待できる

無料ドメインの場合には、ドメインの共有部分がある為、共有する他のサイトで何らかのペナルティーを科せられた場合に、同様のコンテンツとみなされ評価を下げる可能性があります。

 

その点、独自ドメインの場合にはサイトのコンテンツも自分のサイトのみですから、検索エンジンからの評価も自分のサイトのみが対象となります。

 

また、検索上位表示に置いても、競合コンテンツがないので、独自ドメインの方が有利と言えます。

 

 

 

※関連記事

『独自ドメイン取得サービスおすすめ3社を比較』

『おすすめの使えるレンタルサーバーを比較』





\おすすめのアンケートサイト/