動画投稿で稼げる金額はどれくらい?初心者でも稼げる?

スクープ動画・おもしろ動画が撮れるチャンスは誰にでもある

以前は、一般家庭における代表的な映像メディアはテレビでした。

 

しかし、現在はネット動画の配信が簡単にでき、映像のクオリティーも高くなってきている為に、映像メディアの主流はインターネットへと変化しつつあります。

 

その為、私達がパソコンやスマートフォンで観れる動画配信サイトも数多くあります。

 

YouTube(ユーチューブ)

ニコニコ動画

FC2動画

GyaO!

U-NEXT

Hulu

Ustream

 

思いつく代表的なサイトを挙げてみても、これだ多くの名前が並ぶほどです。

 

このような動画配信サイトが人気である理由の一つとして、視聴するだけでなく、ユーザー側からも投稿できるツールである事が挙げられます。

 

動画配信サイトを利用して、観るだけではなく発信する側に立つことで、ビジネスツールとしても活用でき、その収益化の拡大を目的に、多くの視聴者を集める為の魅力的な動画作成に取り組むユーザーが増加しているのです。

 

単純に動画投稿できる機能があったとしても、ここまで投稿者が増加することはなかったと思います。

 

色々な動画配信サイトで、映像に関する知識が全く無い素人までもが投稿者として増加している理由には、スマートフォンの普及が大きく関係しています。

 

常に肌身離さず持ち歩くスマホは、その時々の状況を瞬時に撮影することができます。

 

状況によっては、マスコミでも撮影できないスクープ映像やおもしろ動画が撮れるチャンスに遭遇することも考えられます。

 

つまり、私達の日常に潜むハプニングに対して、誰もが映像に記録でき、すぐに世界中へ情報を発信できるのです。

 

配信した動画が人気を集めれば、時に思いもよらない莫大な収益を手にすることもあります。

 

誰もが簡単に動画投稿ができ、一攫千金の夢を可能にしてくれるかもしれない魅力が、世界の至る所で投稿者が増加している要因と言えるでしょう。

 

 

 

 

動画投稿で稼ぐ方法は2つ

動画投稿で収益化をする為の方法は、大きく分類して2つです。

 

動画配信サイトが提供する収益システムで稼ぐ

動画から外部リンクへ誘導して稼ぐ

 

1つ目の動画配信サイトが提供する収益システムは、YouTube(ユーチューブ)ニコニコ動画FC2動画などはそのサービスを利用できます。

 

それぞれ1再生あたりに得られる収益システムや、有料チャンネル・有料会員の登録でお金を稼ぐ事ができます。

 

2つ目は、自分が運営するブログやメルマガなどの外部リンクへ誘導して、アフィリエイトや自作商品の販売などで稼ぐ方法です。

 

投稿した動画自体が収益化の場所になる場合には、かなりの再生回数や会員登録が必要になりますが、外部リンクで稼ぐ場合には、ブログやメルマガへの集客を目的として相乗効果を期待するものですので、少ない再生回数でもピンポイントで成果に繋がる可能性があります。

 

いずれも、どちらの稼ぎ方を主体とするかで、仕組み構築の仕方は変わってきます。

 

 

 

 

動画投稿で稼ぐならYouTube(ユーチューブ)がおすすめ

それぞれの動画配信サイトによって、収益システムの規定や報酬の単価などは異なるわけですが、初心者が動画投稿でお金を稼ぐのであれば、YouTube(ユーチューブ)がおすすめです。

 

その理由は、YouTubeが持つマーケットの規模が格段に大きいからです。

 

YouTubeの市場は世界全体が対象となり、日本ではヒカキンのように年間数億円を稼ぎ出すトップユーチューバーも存在します。

 

ここ最近では、お笑い芸人の古坂大魔王扮するピコ太郎が、YouTube動画で世界的大ブレークをして記録的な再生回数が話題になりました。

 

因みに、国内トップユーチューバーのヒカキンは、月間再生回数2億回達成・チャンネル登録者870万人以上だそうで、年収は2億円以上とも言われています。

 

最近では、テレビCMにも出ているので、今までヒカキンの名前も知らなかった人も、顔を見れば「この人見たことある」と言う方は多いのではないでしょうか。

 

このように、トップユーチューバーは勿論、上級者レベルに達すると毎月数百万円単位で報酬を稼ぎ出すことが可能です。

 

手堅く稼ぐ為にも、一攫千金を狙う為にも、YouTubeの市場規模は魅力的と言えるのです。

 

 

※関連記事⇒『Youtube(ユーチューブ)アフィリエイトで稼ぐ方法』





\おすすめのアンケートサイト/