Youtubeアフィリエイトで稼ぐユーチューバーは要注意!YPPが改定される!

総再生回数が1万回に満たないチャンネルは広告非表示になる

アフィリエイトの稼ぎ方も幾つかの手法があり、多くのアフィリエイターは何らかの特定にの手法に特化してお金を稼いでいます。

 

ここ数年は、Youtube(ユーチューブ)へ動画をアップロードしてアフィリエイト収入を稼ぐ、ユーチューバーと言われるアフィリエイターがかなり増加しました。

 

ユーチューバー増加の背景を探ると、莫大な広告収入を稼ぎやすいアフィリエイト手法である事が大きな要因の一つとして挙げらます。

 

なぜ、稼ぎやすいかと言えば、コンテンツの作成に時間の掛かるサイトアフィリエイトなどに比べ、Youtubeアフィリエイトの場合には、1つの人気動画を投稿することで再生回数を飛躍的に伸ばすことが可能な為、短期間で広告収入を稼ぎ安いと言えるのです。

 

その為、今までは違法なコンテンツのアップロードを繰り返して、再生回数を稼ぐユーチューバーも多く見受けられました。

 

この手口は、テレビや映画などの映像を違法にアップロードして、数千回程度の再生回数を短期間で稼ぐやり方です。

 

ガイドラインに違反しますので、後に削除されることを想定しながらも、数千回の広告表示を積上げる為に、アップロードを繰り返すのです。

 

しかし、2017年4月6日にYoutubeパートナープログラム(YPP)が改定されて、総再生回数が1万回に満たないチャンネルは広告が表示できなくなるようになりました。

 

1万再生を超える事ができた動画のみが、Youtubeから改めて審査をされシステムとなった為、今後は投稿する動画へ広告を掲載できるまでに、それなりの時間を要することになると思います。

 

この改定で、しっかりと投稿動画のチェックがされるようになると思いますので、違法なコンテンツのアップロードは大幅に減少する事が期待されます。

 

 

 

 

これからは本気のユーチューバーのみが稼げる

今回の改定で、Youtubeアフィリエイトで稼ぐハードルは引き上げらはしましたが、実際には1万回の再生ができるようになったとしても、その収入はわずかなものです。

 

1つの目安として、月間10万回程度のアクセスで1万円~5万円程度の報酬を稼ぐ事が出来ると言われています。

 

1万円~5万円程度の収入をコンスタントに稼げるようになった人は、アフィリエイトの成功者ではありますが、レベル的にはようやく中級者の入り口に立つことができたアフィリエイターと言えるでしょう。

 

したがって、ユーチューバーとしての本気度がようやく花開き、これから収益化の拡大を目指すことのできる人達が、より多くYoutubeから認められるようなガイドラインの改定ではないかと思います。

 

違法アップロードで小銭をため込む輩や、コンテンツに拘らない本気度の足りないユーチューバーにとっては、この改定は大打撃になるかも知れませんが、ユーチューバーを本気で目指すアフィリエイターにとっては、あまり影響がないのではないかと思います。

 

 

※関連記事⇒『Youtube(ユーチューブ)アフィリエイトで稼ぐ方法』





\おすすめのアンケートサイト/