在宅ワークの求人募集DMは要注意

登録した覚えがないDMは無視すべし

日本国内のインターネット普及率は、平成25年度時点で82.8%に達しています。

 

更に、13歳~59歳までの利用者は全体の9割以上との調査結果が示されています。

 

今や、パソコン・スマホ・インターネットは私達の生活の一部として、なくてはならないツールとなり、それに伴い多くの事が在宅で出来るようになったのです。

 

家事・育児・介護など、その他にも何らかの理由で外に出て働くことを制限されてしまう人達にとっては、パソコンを利用した在宅ワークが簡単にできる時代となりました。

 

特にデータ入力業務は主婦層を中心に人気が高く、高単価の仕事はすぐに募集定員に達してしまうほどです。

 

データ入力業務は企業から依頼されたデータを指定されたシステムやエクセルシートなどへ入力し、入力した文字数に応じて報酬が発生する仕事です。

 

タイピングの速度にある程度の個人差はあったとしても、パソコンやインターネットがこれだけ普及している現代では、全くパソコンのキーボードが使えない人や基本的なマウス操作ができない人は殆どいないはずです。

 

一般的なタイピングが出来れば、誰でも始められる難易度の低い業務が多い事も人気の要因となっているようです。

 

この人気の高まりを受けて、ここ数年インターネットを通じ在宅ワークのデータ入力要員を募集する求人案内も増えてきました。

 

しかし、仕事を始めるまでの手続き等を全てインターネット上でやり取りするには、不明瞭な部分が生じることも考えられ危険が伴う可能性も拭い去れません。

 

したがって、仕事を斡旋してくれる業者選びは慎重を期する必要があります。

 

・在宅ワークを紹介する会社としての知名度

・業務依頼している企業の多さ

・仕事を開始する前の費用の有無

 

少なくともこのような点は注意する必要があります。

 

最近は、こちらで登録した覚えがないのに在宅ワークの求人情報メルマガが送られてきたり、データ入力業務のダイレクトメールが送られてきたりするケースがあります。

 

PCメールだけでなく携帯メールに送られてくることもあります。

 

恐らく、このようなメール受信を経験した事がある方もいると思いますが、登録した覚えのない求人情報メールは求人募集を業者委託していたりメルアドの自動収集ソフトを利用したりして、無造作にメール送信しています。

 

希望してもいないのに迷惑メールを勝手に送信してくる在宅ワークの斡旋業者は、当然ながら論外です。

 

 

 

 

優良な在宅ワークマッチングサイトの見分け方

先ず、在宅ワークのマッチングサイトを運営している会社や斡旋業者は、必ずホームページで会社概要などを確認しましょう。

 

しっかりした業者は、ホームページの作りも相応にしっかりしたものになっていますし、利用者数の公開や業務依頼してくれる企業数の公開もしています。

 

また、実際にどのような業務があるのか具体的に紹介していますし、サポート体制も整っています。

 

無料サポートやパソコン初心者に対しては、安価な有料講習のようなサポートが整っているのです。(業務以前に数万円~数十万円もする教材を売りつける業者は悪徳です)

 

悪徳な業者の情報はネット上にすぐ蔓延します。

 

もし、少しでも怪しいと思ったら業者名を検索すると、悪い口コミがズラリと検索にヒットしたりします。

 

在宅ワークは生活環境に応じて色々な仕事をすることができ多くのメリットもあるのですが、一方で人気の仕事であることを逆手に取った悪徳業者が後を絶たない現状も念頭に置かなくてはいけません。

 

気持ちよく仕事が出来るように、十分に信頼できることを確認してから業者を選択しましょう。

 

 

 

 

14年以上の実績を誇る在宅ワークのマッチングサイト

シュフティ

シュフティはネット上で高評価の口コミが多く見られます。

 

業務依頼している企業数は3000社を超え、パソコンスキルの高い人はかなりの高単価報酬が見込めると思います。

 

パソコンスキルがあまり高くない人でも、依頼企業が多い分、自分のスキルに応じた業務をこなしていくことができます。

 

「これから在宅ワークを始めたい」或は「仕事を切らさずに業務量の豊富な在宅ワークマッチングサイトへ登録したい」とお考えの方にはおすすめです。

 

 

※パソコンなど在宅ワークに結びつくスキルアップを希望の方は、★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育90年のがくぶんと言うサービスもありますので、ご興味ある方は資料請求してみて下さい。






\おすすめのアンケートサイト/