あなたはどれを選ぶ?お金を貯める為の3つの選択

在宅ワーク・アルバイト・家計の節約の共通点

私達は生活していく上で、多かれ少なかれ必ずお金を必要とします。

 

就職や起業など何らかの手段を使い、労力と引き換えに多くの人がお金を稼ごうと努力しています。

 

また、インターネット介したビジネスや色々な作業の依頼なども増え、多種多様な在宅ワーカーも多くなっています。

 

このような在宅ワークのスタイルは、大きく2つに分類することが出来ます。

 

1つはアフィリエイトやネットオークションを利用したせどりなどの、自発的に仕組みを構築し稼ぐ在宅ワークのスタイルです。

 

もう一つは、在宅ワークのマッチングサイトなどへ登録し業務依頼を受け、データ入力やWEBデザインなどの作業の対価として報酬を得る在宅ワークのスタイルです。

 

前者は稼ぐ為に費やした時間や作業量に応じた報酬は一切保障されませんが、後者は、基本的に請負業務になるので業務量に応じた報酬は保障されます。

 

この2つのスタイルの大きな違いと言えます。

 

その他にも、通常の就職などとは異なりお金を貯める為に比較的簡単に始められるものと言えば、アルバイトや家計の節約などがあるわけですが、在宅ワーク・アルバイト・家計の節約の何れかを選択し取り組もうとする人達には共通点が存在します。

 

 

 

仕事以外で時間を有効に使いたい

先ず、お金を稼ぐ目的が第一の共通点と言えるのかもしれませんが、それ以外の共通点として仕事以外での時間を欲していることが大きな共通点と言えるのではないでしょうか。

 

在宅ワークは自宅に居ながら仕事ができますので通勤時間なども省ける為、時間に余裕が欲しい人や仕事以外の何かに打ち込みたい人がこのスタイルを選択することが多いと思います。

 

また、アルバイトなども通常の8時間労働より短いシフトでの勤務も選択できますから、こちらも同じような方々が選択することが多いワークスタイルだと思います。

 

家計を節約して仕事と両立しながら、或は仕事はせずとも今あるお金を極力減らしたくないと考える人達は、浪費に繋がる時間は極力避け、仕事のみならず貯蓄と関連する行動に時間を費やす傾向にあります。

 

やはり、節約・貯蓄に関係する時間を有効に使うことを望んでいます。

 

また3つの何れかを選択する人は本当は通常通りの仕事がしたいのに、例えば育児や介護、その他何らかの事情により仕事へ十分な時間を割けないと言う理由を抱えている人も少なくありません。

 

このような意味でも時間を有効且つ大切に使いたいとの思いが共通していると言えるわけです。

 

 

 

 

お金を貯めやすいスタイルはどれ?

在宅ワーク・アルバイト・家計の節約、3つの内どれがお金と時間を多く手に入れる為に有効かと言われれば、一概には限定することはできないものの、可能性として在宅ワークが適当ではないかと思います。

 

アルバイトと家計の節約は極めればある程度のものは望めるでしょうが、それでもやはり限界があります。

 

一方で、在宅ワークは自宅に居ながら外で通常勤務する仕事と同等かそれ以上の収入を稼げる可能性も十分に持っていますし、好きな時間に好きなだけ仕事をこなすことも可能です。

 

勿論、それ相応のスキルは必要になりますが、仕事をしながらスキルアップをしていくこともできます。

 

それぞれのスタイルに対し向き不向きはあるでしょうが、お金と時間2つの共通点を極めるのであれば在宅ワークで頑張ることが良いのかもしれません。

 

 

 

在宅ワークを始める

在宅ワークを始めるには、在宅ワークをマッチングしてくれるサイトへ登録するとスムーズに業務を始めることができます。

 

中でも当サイトでおすすめしているのがシュフティです。

 

以下、関連記事もご確認下さい。

 

『在宅ワークの平均収入と人気の作業』

『在宅ワークの求人募集DMは要注意』

 

シュフティ

 

 

アルバイトを始める

一昔前のように店舗の求人募集の張り紙を探すよりは、やはりインターネットを利用して他の求人と比較しながら探した方が断然効率的です。

 

アルバイト専門の求人サイトへ登録することで、地域の人気ある求人をいち早く知ることができますので、有名どころは幾つか押さえておいた方が良さそうです。

 

日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【ジョブセンス】

 

 

家計の節約を始める

本気で節約を極めようと努力すれば、ありとあらゆるところで無駄を省くことはできるのでしょうが、とりわけ今話題になっていて、長い将来で最適な状態を保ちたいものと言えば保険ではないでしょうか。

 

生命保険ドットコム