ホワイトSEOとブラックSEOの違いとは?メリット・デメリットは?

ホワイトSEOとブラックSEOの違い

ホワイトSEO(ホワイトハットSEO)ブラックSEO(ブラックハットSEO)の違いは、簡単に言ってしまうとGoogleが定める検索エンジンのガイドラインに沿ったSEO対策か否かと言うことです。

 

「ウェブマスター向けガイドライン」に沿った手法をホワイトSEOと言い、違反する手法をブラックSEOと言います。

 

ホワイトSEOを施したサイトは、基本的にロングテールキーワードでコンテンツを構築していきますので、地道な取り組みが求められ、グーグルからは質の高いサイトとして評価されます。

 

一方ブラックSEOは、サテライトサイトの作成などで自作自演の不自然な被リンクを集めたり、記事を外注してキーワード単位の評価を稼ごうとする短期間に検索上位表示を狙う手法で、Googleが定めるガイドラインではペナルティーの対象となります。

 

いずれもIT業界を掌握するGoogleの考えが基準となる取り組み方で、その評価もGoogleが与えるものであって、基本的には取り組み自体が世間一般に言われる合法・違法とは異なります。

 

したがって、どちらの取り組みを選択したとしても、個人の自由になるわけですが、重鎮であるGoogleに逆らうことは、大きなリスクを伴う可能性がある為、十分に理解した上で選択することがとても大切になります。

 

 

※関連記事⇒『IT業界の重鎮Google(グーグル)の基本姿勢とは』

 

 

 

ホワイトSEOの特徴

効果が現れるまでに時間が掛かる

ホワイトSEOの取り組みは、サイト構築の為に地道な作業を必要とします。

効果的なキーワードを選定しながら、読者の為になる多くの記事を作成することが必要になるのです。

このような作業を継続することはとても大変ですし、効果がいつ現れるか不透明な中では、それなりの精神的な強さが求められます。

しかし、爆発的な効果の可能性は低いものの、検索エンジンの評価が高まるにつれ徐々に集客できるサイトが構築され、ロングテールのSEO効果が期待できます。

 

 

 

お金を掛けずにできる

優先してやるべきことは、内容の充実した記事更新になりますので、記事作成を外注したり人を雇わない限りは、基本的にお金を掛けずに取り組むことが可能です。

その分、自分自身の時間管理や精神的なコントロールは必要になりますが、出費をせずに将来的に大きな収益を実現することは十分に可能です。

 

 

 

ブラックSEOの特徴

知識や技術が必要

ブラックSEOの大きな特徴は、ホワイトSEOに比べ難易度が高いことです。

自作自演リンクの構築や中古ドメインの利用など、初心者レベルではどのように取り組めば効果が期待できるのかわからない事ばかりだと思います。

また、ペナルティーを潜り抜ける知識も必要となりますし、リスクを冒しての取り組みでどれだけの効果が期待できるのかを把握している必要もあります。

Googleの考えに逆行する取り組みですから、効果を出すにはその考えも取り組み方も、少なからず把握する必要があるのです。

 

 

 

お金が掛かる

中古ドメインの取得や、いくつものサテライトサイトを管理していくには出費が必要となります。

短期間で効果が期待できる材料を取り揃えて取り組む必要がある為、やはりお金を掛ける必要性は排除できないのです。

勿論、お金を掛けても、すぐにGoogleからペナルティーを受ける可能性もありますので、そのリスクは覚悟の上で取り組む必要があります。

 

 

 

 

ホワイトSEOとブラックSEO、結局おすすめはどっち?

冒頭でも述べた通り、どちらも選択は個人の自由ですし、どちらもそれなりのメリット・デメリットがありますので、一概におすすめを決めることはできません。

 

1つ言えることは、ブラックSEOは勿論、例えホワイトSEOであっても、過剰な取り組みは控えた方が良いと言うことです。

 

ブラックSEOは言うまでもなく、ガイドラインに反した取り組みですから、取り組みを過剰にするにつれ、ペナルティーを受ける可能性が得られる効果以上に高くなっていきます。

 

一方、ホワイトSEOであっても、選別することなく無暗に被リンクを集めたり、似たような記事を多く作成したりすると、ブラックSEOの意識がなくても気付かないうちにペナルティーの対象になっていることがあります。

 

どちらにしても、有効且つ効果的な取り組みを適度に行うことが、大切なのかもしれません。

 

 

※関連記事⇒『検索ロボットと人間が判断する質の高いコンテンツとは』