ブログを検索上位表示させる為のキーワード選定方法

綿密なリサーチとデータ分析で効果的なキーワードを選定

運営するブログと関連性の強いキーワードで、検索上位表示をさせることができれば、多くのネットユーザーの目に留まる事になります。

 

検索結果の1ページ目に表示されるようになれば、アクセス数は増加して、ネットビジネスでブログを活用している私達にとっては大きな成果が期待できるわけです。

 

その為、ブログのテーマや個別記事へ効果的と思われるキーワードを挿入することは、多くのブロガーが取り組んでいるSEO対策になります。

 

しかし、同じようなジャンルのライバルブログは数多くあります。

 

それぞれのブロガーの取り組み方によって検索順位には差が生じますし、上位表示と言われる検索結果の1ページ目に選ばれるブログはごくわずかです。

 

したがって、単純にキーワードを選んで、適当に挿入しただけでは、期待通りの検索結果にならない事が多いのです。

 

では、効果的なキーワードを選定して適切に挿入するには、どのような取り組み方をすれば良いのでしょうか?

 

 

 

キーワードのリストアップ

先ずは、運営するブログのコンセプトを考慮して、関連性の強いと思われるキーワードをリストアップしてみましょう。

 

そしてリストアップしたキーワードを、SEOチェキの検索上位サイトチェックで調べてみます。

 

検索上位のサイトは、あなたのライバルとなるサイトです。

 

 

 

ライバルサイトのキーワードを調べてみる

特定のキーワードで検索上位表示されるサイトには、関連性の強い単語が高い頻度で使われています。

 

キーワード出現頻度解析ツールを使って、ライバルサイトのサイト状況を確認してみましょう。

 

この取組をすることで、ライバルサイトと同等かそれ以上の検索結果にする為に、キーワードの適切な出現頻度を把握できます。

 

 

 

キーワードの検索数を調べる

次は、Googleキーワードプランナーを使って、リストアップしたキーワードの月間検索回数を調べてみましょう。

 

この時に、リストアップしたキーワードの中で検索回数が少ないものは除外していきます。

 

検索回数があまりにも少ないキーワードは、興味を示すユーザーが少ないわけですから、例え上位表示されてもアクセス数は稼げません。

 

月間検索数の目安は1600程度と言われています。

 

あまりにも競合が多くても上位表示は難しくなりますので、適切な検索回数のキーワードのみ残しましょう。

 

 

 

改めてライバルサイトの状態を確認する

絞り込みされたキーワードで、再度SEOチェキの検索上位サイトチェックツールを使い、上位表示されるサイトの状況を確認しましょう。

 

ライバルサイトのデザイン性やその他コンテンツなどを参考に、自分のサイトとの違いや、取り入れるべきものなどを確認してみるのです。

 

また、hanasakiganiにと言うツールで被リンク数を確認したり、rishirikonbuと言うツールでキーワードのSEO難易度を調べることもおすすめします。

 

 

 

傾注すべきキーワードの順序を決める

ここまでで、幾つかのキーワードに絞り込みがされたわけですが、更に残されたキーワードに順番を付けていきます。

 

絞り込んだキーワードで、ライバルサイトが比較的低い順位に位置しているものから集中的に取り組むことで、早い段階での効果が期待できます。

 

また、月間検索数が多く、サイト構成から使いやすいと思えるキーワードも、取り組みに傾注すべき高い順番に値します。

 

 

 

テーマの見直しと記事作成の計画を立案する

順番が決まったキーワードが適切にブログテーマに使われているかを確認し、必要であれば修正しましょう。

 

また、適切にキーワードを挿入できる記事作成の計画を立てましょう。

 

検索上位が期待できる適切な挿入数だけでなく、読者にとって有益で魅力的な記事作成が求められます。

 

読者にも検索エンジンにも認められるコンテンツ構築を心掛けることで、より効果的なSEO対策ができるようになります。

 

 

 

※関連記事

『スモールキーワードで賢く稼ぐ方法』

『SEO対策に役立つ無料のキーワード系ツール一覧』