WEB制作に役立つHTMLとCSSの基礎知識を学ぶ

HTMLって何?CSSって何?

HTMLとは

HTMLとはWEB上のドキュメントを記述する為のマークアップ言語の1つです。

 

マークアップ言語とは、文章の構造や見栄えなどに対して指定を行う言語の事で、マークアップ言語として記述される「<」~「>」で囲まれた文字列をタグと呼びます。

 

基本的には開始タグの「<タグ>」で始まり、装飾対象のテキストを記述し、最後に終了タグの「</タグ>」で閉じて使用します。

 

HTML形式のファイルは、大きく分けて二つの要素から構成されていて、1つはページのタイトルや概要説明・キーワードに関する情報を記述するhead要素、もう1つはユーザーに閲覧してもらうテキストを記述するhody要素です。

 

これらファイル全体の要素を合わせてHTML要素といいます。

 

 

 

CSSとは

CSSとはHTMLなどの要素をどのように修飾して表示するかを記述するスタイルシート言語の1つです。

 

CSSではHTMLで表現できる殆どのデザインを表現する事ができ、幅広いデザイン構築が可能となっています。

 

基本的にはHTMLとCSSを組み合わせて使用します。

 

 

 

 

WEB制作を進める上で知識ゼロは致命的

WEBサイトの中でもブログサービスは、サイトデザインの構築や記事更新などが比較的簡単にできることが特徴です。

 

無料ブログサービスであっても、様々な機能が使えるようになってきていますし、使い方も簡易的で初心者にも対応できるものが数多くあります。

 

しかし、初心者向けに簡素化されたサービスのみでは中級者・上級者と言われるブロガーのように、オリジナリティーが高く凝ったサイトを作ることは難しく、やはりある程度の知識や技術はどうしても求められます。

 

また、サイト運営の経験が長くなればなるほど、運営者自身も「色々な機能を追加したい」「他のサイトと差別化を図りたい」と思うようになるものです。

 

このような状況をクリアしていく為に必要となるのが、HTMLやCSSの知識です。

 

プログラミング言語に馴染みのない人は、アルファベットや記号の羅列を見ても全く意味不明でしょうし、全ての知識を習得するとなると気の遠くなるような思いに駆られると思います。

 

しかし、知識の習得が求められるにしても、全てにおいて完璧にマスターする必要はありません。

 

とりあえずは基礎知識を徐々に習得していくことでも、サイト運営には少なからず成果が期待できるのです。

 

勿論、専門的に学び高度な知識レベルまでに到達できれば、それに越したことはないと思いますが、私の経験上では基本的な知識の習得だけでも、全くの素人よりは格段に見栄えのするサイト構築や、基本的なSEO対策ができると思っています。

 

現状が全くの知識ゼロの人にとって、HTMLやCSSを学ぶことは決して楽な事ではありませんが、WEBに関するスキルをアップさせ、ネット収入に繋げていく為には避けては通れない事でもあります。

 

私自身、HTML・CSSの知識は皆無でしたが、「魅力的なサイトを作りたい」「もっと多くのユーザーにサイト訪問してもらいたい」との思いから、わからないながらも勉強を継続していく内に徐々に基礎知識が身に付き、今では色々な技術を活かせるようになってきました。

 

あまり気負いせず、しかし諦めることなく少しずつでも良いので確実に学んでいきましょう。

 

 

 

 

HTML・CSSが学べる使えるサイト

初心者の方でもHTMLやCSSが解りやすく勉強ができるサイトを幾つか紹介したいと思います。

 

・ホームページ作成講座

・HTMLクリックリファレンス

・WEBページ作りのお勉強

・スタイルシートの基礎知識