良質なコンテンツがSEOに効果的な理由

良質なコンテンツは良質なリンクを集める

SEO対策において多くのリンクをを集めることは有効な手段の一つとされ、WEBサイトを検索上位へ押し上げる効果が期待できます。

 

このことから、ブログなどのWEBサイト運営者の多くは、リンク収集の為に様々な取り組みや工夫をしてきたわけですが、中には手段を選ばずリンクを集める輩も少なくない過去がありました。

 

しかし、検索エンジンの精度も高まり、時代の流れと共にリンクに対する見方も昔とは大分変化してきました。

 

リンクには大きく分けて2つの種類があります。

 

簡単に言うと、1つは「自然なリンク」、そしてもう1つは「不自然なリンク」です。

 

自然なリンクとは、WEBサイトを訪問したユーザーが自発的に貼ってくれるリンクのことを指します。

 

一方、不自然なリンクとは、解りやすく言うと自作自演のリンクのことを指します。

 

ご存知の通り、世界的に検索エンジンの大部分のシェアを占めているのはGoogleです。

 

したがって、SEO対策に与えるGoogleの影響は極めて大きいと言うよりは、Googleが全てを掌握していると言えます。

 

今までGoogleは単純にリンクの数とサイトの質を重要視して、各WEBサイトの評価していましたが、今は自然なリンクの数とサイトの質を重要視するように変化しています。

 

不自然なリンクでもSEO対策で有効に働いた過去はありましたが、今は逆にペナルティーの対象となる可能性が極めて高くなっています。

 

この点が以前とは大きく異なるポイントであり、過度な自作自演リンクは不自然なリンクと認定される可能性が高くなり、今ではWEBサイトにとってマイナスの効果をもたらすわけです。

 

一方で、自然なリンクを集めることが出来るWEBサイトは、昔も今も変わらず多くのネットユーザーから支持される魅力的なサイトの裏付けと言えます。

 

この自然なリンクを多く集めれるWEBサイトは、魅力ある数多くのコンテンツを提供しています。

 

つまり、良質のコンテンツの作成こそが、今後も有効且つ効果的に働く正攻法のSEO対策と言えるのです。

 

 

 

 

良質なコンテンツから期待できる相乗効果

Twitter・Facebook・Google+などのSNSが世界規模で急速に浸透している昨今では、これらがSEOに与える影響もとても大きなものになっています。

 

質の高いコンテンツの提供をすることでSEOの効果が高まれば、SNSから自然なリンクを獲得できる可能性が高くなります。

 

訪問したユーザーから「いいね」をしてもらったり、リツイートをしてもらったりすることで広くシェアしてもらえることになりますので、自然なリンクが増殖していく可能性が高まるわけです。

 

また、色々なソーシャルメディアとリンクさせることによって、ユーザーとのコミュニケーションの拡大も期待できます。

 

WEB上で多くのネットユーザーと意見交換することで、運営サイトが拡散が期待できますし、今後のサイト構築のヒントを得ることもできると思います。

 

 

 

 

良質なコンテンツと評価される条件

質の高いコンテンツと評価される為の条件は1つではありません。

 

幾つかの条件が複合的に満たされて、初めて良質なコンテンツとして評価されます。

 

サイトのコンセプトが明確であり統一性がある

掲載記事は専門性が高く検索ユーザーが求める内容である

デザインや導線などのサイト構成が見やすく解りやすい

検索エンジンに適切に評価してもらえるキーワードのターゲティングができている

 

細部に至る項目を並べればまだまだ数多くありますが、大まかな条件を挙げるとすれば、これらの項目をクリアすることが重要と言えるでしょう。

 

但し、サイトの構成やキーワード選定は後からでも修正することは可能ですので、先ずは、あなたがユーザーへ何を伝えたいのかを明確にし、ユーザーに有益になる情報である事を一番に考え、多くの記事作成に集中することが大切だと思います。