高い文章力のブロガーが習得している7つの技法

文章力アップの技法は多くを読み多くを書くことが基本

一度ブログを開設すれば、世界中のネットユーザーがあなたの運営するブログを閲覧出来るようになります。

 

多くのブロガーは、多くの読者を募る為に、また多くの読者から評価される為に、「魅力的な記事を書きたい」「知的と思われる文言を使いたい」「面白いと感じてもらえる文章を作りたい」など、より高い文章力を目指しながら、日々記事作成に励んでいるはずです。

 

しかし、読者を喜ばせようとする意欲とは裏腹に、「なかなか文章がまとまらない」「思うような表現ができない」「伝えたいことが強調されていない」このような文章力の弱さを痛感することも、これまた多くのブロガーが経験していることだと思います。

 

では、読者に気に入ってもらえる記事が作れる、高い文章力を身に付けるには、何をすれば良いのでしょうか?

 

文章力をアップさせる技法は色々あります。

 

全般的に役立つ技法もあれば、ブログだからこそ効果的な技法などもあります。

 

しかし、良く見せる為の技法云々よりも、最も大切なことは、とにかく書籍や興味あるブログ記事などを数多く読み、それを参考に数多くの記事を実際に書くことです。

 

多くを読み多くを書くことで、個人差はあるにせよ、文章力の基礎は次第に強化されていきます。

 

作者の異なる文章を多く読むことで、色々な技法を目にすることができ、自然と基礎的要素として文章力が身に付いていくのです。

 

ピンポイントの技法を学ぶ以前に、先ずは文章を構成する基礎力を身に付けることは、最も大切な事と言えます。

 

これは、長期間に亘りブログ運営をしている人であれば、誰もが共感できる意見だと思うのですが、文章力も経験値が増えるほどに引き出しが多くなって、様々なバリエーションの記事を作成できるようになってきます。

 

文章力を上げるどんな技を覚えても、基本的な読む力と書く力がなければ、そのテクニックを活かすことは出来ないのです。

 

読む力は読解力であり想像力です。

 

書く力は伝達力でありイメージを与える力です。

 

この基本を踏まえた上で、文章力をアップさせる7つの技法を学んでいきましょう。

 

 

 

一文に沢山詰め込み過ぎない

一つ一つの文章は短めでシンプルな形にすることがベストです。

 

それぞれの文章に繋がりを持たせつつ、伝えたいことを端的に構成することで、読みやすく分かりやすい文章が作れます。

 

 

 

読者が考えずに理解できる文章を心掛ける

読者が内容を理解する為に、考える必要がある文章は良い文章とは言えません。

 

文章をスムーズに読み終えれるように、意味が伝わる文章になっているか何度も読み直し、必要であれば修正を加えましょう。

 

 

 

結論を先に持ってくれば文章は作りやすい

高い文章力を持つ人であれば、結論が先でも後でも、読者に受け入れられる文章を作成することは可能です。

 

しかし、文章作成に不慣れな方であれば、結論を先に持ってきた方が端的な文章を作ることができます。

 

結論を後回しにすると、前置きが長くなりすぎて諄い文章になる可能性があります。

 

 

 

できるだけ同じ言葉を繰り返さない

「記事を作る方法は主に2つの方法に分類される」のように同じ言葉が使われると、少々しつこい文章になってしまいます。

 

作成した文章は読み直して、一文に同じ言葉が羅列されている場合は「記事を作る方法は主に2つに分類される」のように修正しましょう。

 

 

 

主語と述語を適切な位置関係にする

主語と述語を離し過ぎると、主体の見えない分かり難い文章になってしまうことがあります。

 

「私のブログが有名雑誌の特集に掲載されます」よりも「有名雑誌の特集に私のブログが掲載されます」の方が、よりシンプルで分かりやすくなります。

 

 

 

接続詞を適切に使う

理由や結果を現す「したがって」、対立や反対を現す「ところが」、付加を現す「さらに」、言い換えや理由を説明する「つまり」、話題を変える「それでは」など、接続詞には色々な種類と使い道があります。

 

接続詞を上手に使った文章は読みやすく知的な感じを与えてくれますが、使いすぎるとしつこい文章になってしまいますので、気をつけましょう。

 

 

 

読者にイメージさせる文章を心掛ける

文章を作成する側は、伝えたいことを文字に変えて表現しているわけですが、読者の立場になった時に、伝えたいことがイメージできるか否かしっかりと確認することが大切です。

 

言葉足らずになっていないか、或は遠回りで解り難くなっていないかを確認する為に、自分以外の家族や友人に読んでもらうことも良い方法の一つです。