購買意欲を喚起するストーリーの作り方

コンテンツマーケティングを加速させるストーリー性

ブログなどのWEBサイトを活用してネットビジネスとしての収益化を実現するには、SEO対策は最も重要な取り組みの1つと言えます。

 

SEO対策の手法にも色々な種類はあるものの、現在ロングテールが期待できる効果的なSEO対策は、質の高いコンテンツの構築と言われています。

 

例えば、ブログ運営で内容が充実していて専門性が高い記事を数多く蓄積していけば、検索エンジンが質の高いコンテンツとして認識してくれる可能性が高まります。

 

良質のコンテンツと認識されたブログは、関連する特定のキーワード検索で上位表示されることになり、特定の情報を欲した多くのネットユーザーの目に留まることになるのです。

 

しかし、検索上位表示されたとしても、ブログ運営者である私達が望むアクションを起こしてもらわなければ、収益化にたどり着くことが出来ません。

 

アフィリエイトなどの場合には、掲載する広告から商品の購入・契約・登録など、何らかのアクションを起こしてもらう必要があるのです。

 

私達が作成した収益化に直結するページへ誘導し、更には希望通りのアクションを起こしてもらうには、ネットユーザーの購買意欲を喚起するストーリー性をブログ全体及び個別記事に持たせることが大切になります。

 

個別記事では単純に商品を押し売りするような文章を作るのではなく、ユーザーが自然な流れで購買などのアクションに納得できるストーリーの構築が求められます。

 

また、ブログ全体としても記事同士が自然な流れで繋がりを持ち、収益へ直結するページへと集中的に誘導できる違和感のない導線の構築が求められます。

 

このようなストーリー性を考慮した一捻りで、コンテンツマーケティングを更に加速させることが出来るのです。

 

 

 

 

ストーリーを演出する為の3つのポイント

購買意欲を自然な流れで掻き立てるには、運営サイト全体が自然に繋がるようなストーリー性を帯びている必要があります。

 

冒頭でユーザーの好奇心を搔き立て注目を引く

一歩踏み込めば、もっと知りたくなるような導線が引かれている

最後にユーザーが納得し、更に他の人達へ伝えたくなるような結論が構築されている

 

このような状態にあるWEBサイトは、優れたストーリーの演出が施されていると言えます。

 

 

 

人間のニーズを利用する

優れたストーリーの展開は、上手に人間のニーズを利用しています。

 

人間のニーズの根本となる一つが「知りたい」と思うニーズです。

 

例えば、ネットビジネス初心者が知りたい情報は「ネットの稼ぎ方」です。

 

更に細かく見てみると「難しいのか?簡単なのか?」「自分にもできるのか?」「どのくらいの期間で、いくらぐらい稼げるのか?」などです。

 

このニーズを順序立てて満たしてあげるような導線を構築すれば、ネットビジネスに少しでも興味あるユーザーは引き込まれていくはずです。

 

 

 

感情を込めることで共感を誘う

記事に感情を込めることは、良い方向に作用する場合と悪い方向に作用する場合に二分されます。

 

悪い方向へ作用する場合は、自分の感情をユーザーへ押し付けるような記事作成をしている時です。

 

良い方向へ作用するように導くには、ユーザーの共感を得なくてはいけません。

 

「幸せ・悲しみ・衝撃・不安・期待・矛盾」など、人間の感情は様々です。

 

つまり、ユーザーの不安や迷いを解消するような記事や、時にユーザーの苦労に共感するような記事、更には期待に応えるアイディアの提案など、ユーザーが持つであろう感情を想定して、自分の感情も込めることで共感を呼ぶことになるのです。

 

 

 

有用性の意識を絶対忘れない

良質なコンテンツである為には、ユーザーに役立つ情報であることが前提となります。

 

ストーリーの構築を考えていると、色々なテクニカルなアイディアなどが頭を巡り、ユーザーをコントロールすることのみに固執してしまいがちです。

 

例えば、私の場合はネットで稼ぐ方法を提供しながら、その恩恵として利益を得られるスキームを構築しています。

 

したがって、自分が利益を得る以前に、サイト訪問したユーザーがネットビジネスで満足してもらう必要があるのです。

 

ユーザーのコントロールばかりを意識したサイトは、自己満足や利益優先が前面に露呈してしまいます。

 

結果的にユーザーの離脱を招く可能性が高くなりますので、常にユーザーの利益・ユーザーの満足を念頭にサイト構築することが大切なのです。