効果が期待できるブログの記事数・ページ数

ブログの記事更新は永遠に続ける必要があるのか?

アフィリエイトなどのビジネスでブログ運営を成功させネット収入を得るには、効果的な集客の実現と訪問した読者を利益に直結する場所(直結する記事・ページ)へ誘導することが必要となります。

 

この一連の流れが順調に回り始めれば、私達ブロガーが望むアクション(登録・契約・購入など)を起こしてもらえる可能性は高くなり、一先ずはブログ運営の成功と言えるでしょう。

 

但し、この一連の流れを円滑なサイクルで実現するには、良質と言えるコンテンツを作成して多くの読者から信頼してもらえる専門性の高いサイト構築が必要となります。

 

つまり、質の高いブログ記事の継続的な作成と蓄積が必要となるのです。

 

1つのブログ運営で稼ぎだせる金額は、構成の仕方や扱う商材によって異なります。

 

売上の大小はありますがブログ運営で継続収入が稼げるようになったブロガーなら、やはり成功事例を再現して効率的に複数のブログで乗数倍の稼ぎを計画するはずです。

 

しかし、外注などを考えずにマンパワーでブログの複数運営を実現しようとすれば、数が増大する程に定期的な記事更新の作業は大変な負担となってきます。

 

それでも頑張ってマンパワーの限界に挑む人もいれば、やはり費用対効果を考えながら飛躍的な拡大を目的に記事作成を外注へと移行する人もいます。

 

どちらにしても良質なコンテンツを作り上げていく為に、記事の作成、或は編集作業が必要になてくるわけですが、素朴な疑問として「記事作成・編集は永遠に続ける必要があるのか?」「成果に繋がる最適な記事数・ページ数はあるのか?」と考えるブロガーは少なくないと思います。

 

実際には、ある程度のページ数を蓄積したブログが記事更新を停止したとしても、必ずしもアクセス数減少の傾向になるわけではないようです。

 

それなりのページ数を積み重ねていくと、SEOの効果も頭打ちになる場合もあるのです。

 

そもそも検索エンジンンのサイト評価で、記事更新が与える影響の正確な測定は難しい事ではあります。

 

しかし、ロングテールのSEO効果を引出すには、記事更新を継続してながらそれなりのページ数を確保する必要があることも事実なのです。

 

 

 

 

SEOの効果が期待できる記事数・ページ数とは?

WEB上に存在するブログはそれぞれコンテンツの内容も異なりますし、外部要因から受ける影響も異なります。

 

したがって、ブログの記事数・ページ数で最適と判断できる数字は、ブログのジャンルや競合の数、キーワードの構成や読者の好みなどで個別のブログで違いがある為、一概に明確化できないのが現状なのです。

 

但し、細かな定義はできないものの全体的な傾向からアドバイスをするとすれば、SEOの効果と読者の満足の両方を得る為に必要な数は300ページから700ページ位が妥当と言えます。

 

このページ数のブログを作り上げる作業時間を考えると、1日1記事更新したとして1年から2年程度、1日10記事更新したとして1か月から2か月程度の時間が必要となります。

 

私の場合、デザインの構成や記事作成などで1つのサイトを完成させるまでに3か月から6か月程度の時間が掛かります。

 

その後も気が向いた時には記事を更新したりしますが、一先ず集中的な作業からは解放されることになるのです。

 

但し、注意して頂きたいのはそれでもブログを完全放置はできないと言うことです。

 

ブログは新たに記事を追加することだけが更新作業ではなく、過去の記事を修正することも更新作業の一つになります。

 

当然、月日が経過すれば提供している情報が古くなり修正が求められることもあります。

 

新規の記事更新を停止したとしても、ブログ運営をしている限り定期的なメンテナンスは必ず必要となるわけです。

 

また、自身で最適なブログのページ数を把握するには、WEB上にある同じジャンルでブログ運営するライバル状況の把握も大切です。

 

類似するテーマでブログ運営しているブロガーの平均的なインデックス数は、作成するべきページ数の目安にもなります。

 

中にはインデックス数が極端に多いものや極端に少ないものもありますが、定期的に更新してそれなりの成果を挙げていると思われるブログをいくつかピックアップして平均的なインデックス数を算出してみるのです。

 

ライバルに勝つには当然その平均値よりは多いインデックスを、検索エンジンから認識してもらえるようにページ数を積み重ねることが必要となります。