インデックス数(ページ数)が多いブログが絶対にSEOで有利なのか?

インデックス数の多さだけを評価しているわけではない

現在、最も有効とされるSEO対策は、多くの良質なコンテンツを提供する、コンテンツSEOであると言われています。

 

その為、ブログなどのWEBサイト運営者の多くは、挙ってインデックス数(ページ数)を増やして、コンテンツの豊富さを検索エンジンに評価してもらえるように取り組んでいます。

 

しかし、単純にインデックス登録の数のみを増やそうとしているサイト運営者は、有効なSEO対策としての効果が期待できない場合もあります。

 

中身の薄い適当な記事や、他からの引用が多いオリジナリティーの無い記事ばかりでサイト構築していると、検索エンジンはユーザーにとって有益なコンテンツであるとは判断してくれない可能性が高くなります。

 

膨大なインデックス数がカウントされていても、検索エンジンの評価はページ数の多いユーザーにとって無益なコンテンツと判断してしまうのです。

 

したがって、いつまで経っても検索上位表示されることはなく、アフィリエイトなどのネットビジネスで、なかなか成果が挙がらない状況が続くことになってしまいます。

 

 

※関連記事⇒『効果が期待できるブログの記事数・ページ数』

 

 

 

 

求められているのはコンテンツの充実

検索エンジンが評価するWEBサイトは、質の高いコンテンツを豊富に提供しているサイトです。

 

専門性が高く情報量の多さを評価して、ユーザーにとって有益なWEBサイトであると判断しているのです。

 

その結果、特定のキーワードで検索された場合に上位表示されることになり、多くのネットユーザーから支持を集められる状況を作り出すことに繋がるわけです。

 

したがって、コンテンツを充実させるには、その基となるインデックスされた1つ1つの内容が充実していること前提です。

 

単純にブログ記事の更新頻度を上げるのではなく、ユーザーにとって有益な情報提供を心掛け、更には検索エンジンから評価されやすいようなキーワード選定が求められます。

 

このような丁寧且つ手の込んだ作業を繰り返していくわけですから、コンテンツを充実させる事は多くの労力と時間を費やす必要があり、一朝一夕にできる取り組みではない事が理解できると思います。

 

 

※関連記事⇒『良質なコンテンツを作る為の4つの基本』

 

 

 

 

競合サイトのインデックス数を参考にする

では、質の高い記事更新でインデックス数をどこまで増やせば、SEO対策の効果が期待できるのでしょうか?

 

1つの目安としては、狙ったキーワードで上位表示されている競合サイトを確認して、そのインデックス数を上回る記事更新を目指すべきでしょう。

 

インデックス数を競合サイト以上にすることで、必ずしも検索結果が入れ替わるわけではありませんが、検索エンジンが評価対象としている項目で競合サイトよりも劣る箇所があるのであれば、出来る限り修正に努めるべきです。

 

インデックス数は、SEOチェキ!のようなツールを利用すれば、すぐに確認できますので、しっかりと競合サイトの状況は把握しておきましょう。

 

 

※関連記事

『役立つSEO無料ツール一覧』

『SEO対策に役立つ無料のキーワード系ツール一覧』