検索エンジンの国内シェア率を見ればGoogle(グーグル)に従わざるを得ない現状も納得!

検索エンジンにおけるGoogle(グーグル)の圧倒的な力を再確認

既に世界中の誰もが、Google(グーグル)がIT業界の重鎮であり、超巨大なグローバル企業である事は承知していると思います。

 

私達のような個人のサイト運営者においても、その影響はとても大きく、Googleが何かに動きを見せるたびに、対応に追われることもしばしばです。

 

どのような対応かと言えば、検索順位で上位表示をしてもらえる為のSEO対策になるわけですが、幾つかの検索エンジンがある中で、殆どのサイト運営者がGoogleのみを特別に重視する理由は、圧倒的な検索エンジンシェアを誇るからに他ならないわけです。

 

 

※関連記事⇒『IT業界の重鎮Google(グーグル)の基本姿勢とは』

 

 

 

日本国内の検索エンジンシェア率

順位検索エンジンシェア率
1位Google67.38%
2位Yahoo27.18%
3位Bing4.69%
4位Baidu0.51%
5位DuckDuckGo0.07%
6位その他0.17%
※参照データ:statcounter(2017年4月現在)

 

日本国内では、2番手のYahooも31.9%のシェア率がありますが、2011年よりYahooはGoogleのアルゴリズムを採用していますので、YahooとGoogleの検索結果はほぼ同じになります。

 

つまり、Googleの日本国内の検索エンジンシェアは、実質94.56%と言えるわけです。

 

 

 

世界の検索エンジンシェア率

順位検索エンジンシェア率
1位Google92.49%
2位Bing2.88%
3位Yahoo2.01%
4位Baidu1.11%
5位YANDEX0.36%
6位その他1.15%
※参照データ:statcounter(2017年4月現在)

 

世界シェアを見ると、Google1本で92.49%ものシェア率を誇ります。

 

日本国内ではアルゴリズムが同じとは言え、Yahooがそこそこのシェア率で追随していましたが、将来的には国内シェアでもGoogleの完全勝利となるかもしれません。

 

 

 

 

Google(グーグル)以外の検索エンジンは無視でも大丈夫?

日本国内と世界における、Google検索エンジンの驚異的なシェア率を見て、改めてサイト運営はGoogleありきである事が十分に理解できたと思います。

 

これだけの数値を見れば「他の検索エンジンは無視してもOK」と、思った方も多いと思います。

 

答えは「ほぼOK」と言えるでしょう。

 

Bing(ビング)の国内シェア率が5%近くありますので、最低限の取り組みはしておいた方が良いとは思いますが、影響はかなり限定的なものでしょう。

 

ここで示したシェア率は、ネットユーザーがパソコンを使用した時の数値になりますが、現時点においてスマホの数値も大差ない状態です。

但し、Apple(アップル)のiPhone(アイフォーン)が日本国内のスマートフォン市場で50%以上のシェアがあることなどから、今後、Googleの一人勝ちを阻止するべく、何らかの対応をしてくることも十分に考えられます。

 

今の圧倒的状態から急変する事はないと思いますが、PC・スマホにおける検索エンジンの状況を、常に注視することは俊敏な対応をしていく為にも、大切と言えるでしょう。

 

 

※関連記事⇒『最低限やっておきたいSEO対策』