ウイルス対策は必要なのか?Windowsにはセキュリティーソフトと同等の性能がある?

Windows10ではウイルス対策が不要って本当?

OSのバージョンアップがされる度に、パソコンの性能は日々進化しています。

 

その進化は私達の利便性だけを意識したものばかりではなく、ウイルス・マルウェア対策についても、強固なガードが可能にする高度な取り組みが施されています。

 

事実、「Windows10ではウイルス対策が不要」との噂を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

これはMicrosoft側でも、一時期「ウイルス対策が不要」である事をアピールしていた為、更に情報が拡散された背景があります。

 

確かに、Windows10にはWindows Defenderと呼ばれるウイルス検知機能が標準装備されています。

 

Windows10以下のバージョンと比較すれば、ウイルス検出率は高くセキュリティーに対する性能はかなり上がっていると言えます。

 

しかし、市販されているセキュリティーソフトと比較した場合はと言うと、その差は歴然としているようです。

 

市販されているセキュリティーソフトの多くは、ウイルス検出率は99%以上との結果を出しています。

 

一方、Windows10の場合には、テストの状況によって数値にバラつきはあるようですが、一部には90%を割るウイルス検出率の結果が残されているようです。

 

したがって、ウイルス対策に万全を期してきたWindows10であっても、この結果を見ればセキュリティーソフトの必要性は否めないと言えそうです。

 

 

 

 

もはやウイルス感染は自己責任の時代

ウイルスに感染経験がない方であっても、WEB上には様々なウイルスが蔓延していて、無差別に狙われたり、或は特定の個人や団体が狙われたりすることは、十分に承知していると思います。

 

しかし、このような現状を把握しながら、一切のウイルス対策・セキュリティー対策を無視している人も、まだまだいると思います。

 

無視した状況で、万一ウイルス感染してトラブルに巻き込まれたとしても、それはある意味自業自得であると捉えられても致し方ありません。

 

ネット環境が至る場所で生活と密接する現代において、もはやウイルス対策は必須事項であり、感染から身を守る事への自己責任の意識を強く持つことが大切だと思います。

 

備えあれば憂いなしです。

 

100%安全な状態は無いにしても、ウイルスが容易に攻撃できないガードを構築することは、絶対に必要だと言えます。

 

 

※関連記事⇒『おすすめウイルスソフト・セキュリティソフトを比較』