ネットで売れる商品を作り出す3つの方法

売れる商品と売れない商品の違い

売れる商品と売れない商品には2つの種類があります。

 

1つは、用途などは同じジャンルでも商品自体の機能やデザインなどが明らかに異なり、使い勝手や見た目で売れる売れないに別れる商品。

 

もう1つは、全く同じ商品を扱っているのに、販売している企業や人が異なる事で何故か売れる売れないに別れてしまう商品です。

 

アフィリエイトなどのネットビジネスは、多くのアフィリエイターが同じ商品広告を宣伝してネット収入を稼ごうとしていますから、後者の種類に該当することになります。

 

そして、やはり同じ商品を扱っているにも関わらず、アフィリエイターによって稼げる人と稼げない人が存在します。

 

では、なぜ同じ物なのに売れる商品・売れない商品、稼げる人・稼げない人に分かれてしまうのでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば、消費ユーザーが抱く価値観の違いと言うことになります。

 

機能やデザインが違うことで利便性や外観を評価し、お金を使う価値があると判断すれば売れ筋商品として人気を集める可能性があります。

 

また、全くの同一商品であっても、メリットを強調した詳細な商品説明や付加価値的サービスを加えることで、商品と購入先に信頼を感じれば稼げる企業・人になれる可能性があります。

 

商材そのものの良し悪しは重要ですが、実際に消費ユーザーが利用価値を受け入れられなければ、或は理解できなければ購入には至らないのです。

 

私達のようなアフィリエイトなどで稼ごうとする情報提供者は特に、その商品の見せ方如何で売れ行きを大きく左右することを常に念頭に置く必要があります。

 

 

 

 

商品価値を高めるポイント

商品を無闇に売り込んではいけない

営業とは商品を売るためにお客さんを説得することだと多くの人が考えています。

 

確かに上手な営業トークで説得し、商品を販売してきた営業マンは数多くいると思います。

 

しかし、この手法は本当に効率的でしょうか?

 

ネットビジネスではあまり効率的とは言えません。

 

サイトの記事へ強烈に売り込む文章などを盛り込んだり、売りたい商品のバナーをデカデカと貼り付けてあったりする手法は殆ど成功しません。

 

人間の本能は商売を成功させるには強く売り込まなくてはいけないと考えがちですが、本能に逆らって「売り込まずに売る」方法を考えることがポイントになります。

 

 

 

ユーザーから情報を引き出す

「売り込まずに売る」にはお客さんのニーズを引き出すことが重要です。

 

特に営業しなくてもお客さんが欲しいもの更には欲しい情報が添えてあれば、多くのお客さんは興味を示し商品が売れる可能性は高くなります。

 

当然、リアルな世界ではお客さんと対面で情報収集しなくてはいけないのですが、ネットビジネスの世界ではインターネットを通じて便利に情報収集ができます。

 

自宅に居ながら多くのユーザーと情報交換ができますし、自分のサイトを利用してアンケートをとる事も効果的です。

 

また、アクセス解析などを利用すれば自分のサイトのどのページの人気が高いのか、どんな記事に興味を持って読んでもらっているのかがわかります。

 

ネットビジネスではサイト訪問者などの情報からニーズを読み取ることが比較的簡単にできます。

 

つまり、売れる商品を更にお客さんが買いやすいように創意工夫しながら、サイト上に陳列していけば良いわけです。

 

 

 

行動力の速さでユーザーの心を掴む

全ての成功者に共通するのが、行動力の速さです。

 

知識の蓄積は常に向上心を持ちながら勉強していく必要がありますが、しかしながら知識はネットで稼ぐための道具に過ぎません。

 

知識を兼ね備え、素早く行動することでお金に変えることが必要となるのです。

 

逆に言えば、わかっている筈なのになかなか行動できないのが成功できない人達の共通点です。

 

また、ネット上では新しい情報も直ぐに過去のものとなってしまいます。

 

あなたがお客さんのために仕入れた良い商品・良い情報をどこよりも早く提供してあげることが、お客さんの心を掴みサイトのリピーターとなってくれる可能性を高めるのです。