ソーシャルメディアで効果的な5つの戦略

ソーシャルメディアを使う理由

様々なソーシャルメディアサービスが新たに誕生し、私達の生活にも馴染みある物として浸透してきます。

 

爆発的人気を誇るソーシャルメディアは世界中で億単位の利用者を抱え、ビジネスの動向や世論などに大きな影響を与えています。

 

ネットビジネスの業界でも、当然ながら人気のソーシャルメディアは大きな役割を担っています。

 

とりわけ、ここ数年で爆発的に浸透し既に私達の生活の一部として利用されつつあるソーシャルメディアを挙げるとするならば、SNS系サイト動画系サイトが先ず思い浮かびます。

 

SNS系サイト
・facebook

・Twitter

・mixi

・Google+

・LINE

 

動画系サイト
・YouTube

・ニコニコ動画

・USTREAM

 

代表的なサービスを幾つか挙げてみましたが、まだ知名度の低いサービスなど細かなものを挙げると、かなりの数になると思います。

 

利用者が多い人気のソーシャルメディアは、多くの企業や私達のような個人のマーケッターに至るまで盛んに活用されています。

 

個別のツールを販売力ある媒体として活用したり、それぞれのツールをリンクさせて相乗効果を生むソーシャルメディアマーケティングを盛んに展開しているわけです。

 

では、なぜこれほどの注目を集め、様々なビジネスで活用されるようになったのでしょうか?

 

それは、ソーシャルメディアの特性である強固な繋がりに、ビジネスの拡大を期待しているからなのです。

 

世界中で利用者を増やしているソーシャルメディアは、利用ユーザーの強固で莫大なネットワークを構築しています。

 

このネットワークを利用することで、情報の拡散や情報に対する個別のレスポンスが驚くほどスピィーデーに実行され確認できるのです。

 

ビジネスの利用では、市場調査やバイラルマーケティングなどで大きな効果が期待できますし、新たな発想が次々に生まれてくると思います。

 

但し、それぞれのソーシャルメディアの特徴や特性を把握し、それを生かした戦略が無ければ効果を最大限引き出すことはできませんし、逆にマイナスの効果を生むことも考えられます。

 

少なくとも、ソーシャルメディア戦略で必要になる基本的な知識は習得しておくべきでしょう。

 

 

 

 

重要な5つの基本戦略

強固な土台があってこそ効果が現れる

ソーシャルメディアはどれか一つの単体で成果を出すとなると、時間も掛かりますし私達のような小規模な個人ビジネスを展開をしている者にとっては困難且つ非効率的です。

 

やはり色々なツールをミックスしてマーケティングに利用することで効率的な相乗効果が現れるのですが、そこにはしっかりとした計画が必要になります。

 

先ず、ネットビジネスを成功させるには販売力のある媒体を有していることが重要になります。

 

ブログなどのWEBサイトを活用して販売力のある媒体へ育て上げ、そこへ別のソーシャルメディアをリンクさせながら集客の相乗効果へ繋げる手法が一般的です。

 

つまり、強固な土台となるものがあってこそマーケティングミックスの効果も大きく現れるのです。

 

土台がしっかりしていないのに、いくら流行のソーシャルメディアをミックスさせても効果は最大限引き出すことはできません。

 

連動させていくソーシャルメディアの状態が万全であるかをチェックして、計画的に進めていかなくてはいけないのです。

 

 

 

プレゼンの質がマーケティングの拡大を左右する

ソーシャルメディアを活用することで、今まで取り組んできた既存のマーケティングを効率的に拡大し、更に強化していくことが可能になります。

 

自分の知識や経験、運営するWEBサイトの価値を多くの人へ主張できるのです。

 

しかし、ソーシャルメディアのミックス化で一時的に拡大したマーケティングも、情報提供の質が低ければサイトの衰退も一瞬です。

 

マーケティングを拡大して成果を出していくには、WEB上で説得力のあるプレゼン(有効な記事作り)が重要なポイントとなります。

 

 

 

コミュニティの構築で効率化を拡大する

特にSNS系サイトにおいては、利用ユーザーとの交流を深めていくことが比較的簡単にできます。

 

ネットビジネスで成功するには、旬の情報を常に入手できる状態を維持して販売戦略に生かしていくことが大切です。

 

ネットビジネスに関連する情報を欲しているユーザーのコミュニティや、消費者同士のコミュニティの構築は、売上発生までの時間短縮を実現する情報収集の場となる可能性が高いのです。

 

 

 

複数の媒体へ拡大したソーシャルメディアを統合する

ネットビジネスが軌道に乗り順調に売上が拡大していくと、利用するソーシャルメディア自体の規模や与えるインパクトも拡大していきます。

 

認知度が高くなったソーシャルメディアを、複数の販売の主体となる媒体へ統合していくことで、更にユーザーの注目を集めることが可能になっていきます。

 

 

 

根拠ある量産体制を作り上げる

インパクトが拡大したソーシャルメディアは、ネットビジネスの中で1つの総合的な成功経験を作り上げることがあります。

 

総合的な成功経験の提供は売上・利益の拡大へと繋がります。

 

更なる飛躍を目指し根拠ある量産体制へ移行することは、ビジネス規模を拡大するポイントとなるのです。

 

ソーシャルビジネスの戦略を自分の展開しているあらゆる取り組みへ浸透させていくことで、成功の道は大きく開かれます。