ネットビジネスを成功へ導く5つ確認事項

成功への道筋を繰り返し検証

ネットで稼ぐ情報は、本当に稼げる方法から全く稼げないガセネタまで数多く出回っています。

 

しかし、ネットビジネスで稼げなかった人全てが、ガセネタを掴まされたわけではありません。

 

本当に稼げる方法を入手しながら稼げない人もいますし、逆にガセネタを掴まされても、後に自分なりに稼げる方法を見つけ出す人もいます。

 

結局、稼げる人と稼げなかった人の違いはどこにあると思いますか?

 

それは、情報を参考に本気で稼ごうとしているのか、それとも情報通りに稼ぐことしか考えられないのかの違いだと思います。

 

ネットビジネスで成功するには、収入に繋がるまでの仕組みを順序立てて考え、成功するまで粘り強く実践と検証を繰り返すことが必要です。

 

情報を基に単純に実践するだけではなく、収益化までの流れをしっかり検証しながら臨機応変に対応できる柔軟さが必要です。

 

WEB技術などが必要となる作業的なことは、なかなか初心者が検証できるものではないかも知れませんが、どのようにお金が作り出されるのかを検証する事は、例えビジネス経験が乏しくても、入手した情報を基にそれなりに検証できるはずです。

 

出来ないから簡単に諦めるのではなく、何が問題なのか、何が不足してるのか、何かを補えば問題が解決されるのかなどを繰り返し検証することが大切なのです。

 

 

 

商材は何を扱うのか

ネットで稼ぐ為の商材(商品)は物だけではありません。

 

個人でもインターネットを介して有益な情報や自作のソフトなど、様々なものを扱うことができます。

 

・現物の商品を提供

・WEBサイトのコンテンツなどを提供

・アプリ・ソフト・ブログパーツ・ウィジェットなどの提供

・サービスの提供

・データ・情報の提供

・無形の商品(ウェブ上の仮想商品・トラフィック・被リンクなど)を提供

 

 

 

利益の発生源をどこにするのか

例えば、ブログを媒体として活用しても有料で購読できるようなシステムにしない限り、ブログそのものが収入源になる事はありません。

 

ブログに掲載する何らかの情報から、購入・契約・登録・クリックなどのアクションを起こしてもらい、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)やポイントサイト、或は消費者から直接収入を得ることが必要となります。

 

・有形・無形商品の直接販売から収入を得る

・広告から収入を得る

・有料会員登録(月額・使用料金課金など)で収入を得る

・手数料で収入を得る(物品紹介、人材紹介などの仲介手数料など)

 

 

 

顧客を増やす為の手法を選択

ネットで稼いでいる人の殆どはホームページ、ブログ、メルマガなどの媒体を利用しています。

 

したがって、顧客を増やすこととアクセス数や読者数を増やすことは、利益の拡大と強い関連性があります。

 

・SEO対策で集客する

・広告やSEMで集客する

・メディアの利用で集客する(テレビ・新聞・雑誌など)

・ソーシャルメディアの利用で集客する(ツイッター・フェイスブックなど)

・イベントを開催して集客する

 

 

 

顧客の定着化(リピータ増加)を図るには

例えば、当サイトでも多くの読者の方が訪問して下さり、多くの記事を回遊して頂くことで利益に繋がる可能性が高まります。

 

どんなビジネスでも顧客の定着化は利益の安定化に繋がります。

 

・定期的メール配信で定着化する

・ポイントシステムや景品的な特典の導入で定着化する

・顧客にメリットのある定期的イベントの開催で定着化する

・魅力的なコンテンツの追加で定着化する

・RSSリーダーなどの活用で定着化する

 

 

 

同業者との差別化を図る為の売りは?

ネットで稼ごうとしている人は既に大勢いて、日々新たな参入者も出現しています。

 

ネットで稼ごうとする多くの人がブログなどのWEBサイトを活用して稼ごうとしています。

 

このようにビジネスの手法や利用している媒体で差別化を図ることは、顧客を囲い込む為にアピールできる売りとなります。

 

・良質なコンテンツ・便利なサービスで差別化を図る

・購買欲求を満たす情報の豊富さで差別化を図る

・購買者の労力・時間の節約で差別化を図る