読者が好むメルマガの作り方

記事を際立たせる工夫が稼ぐコツ

メルマガの活用はネットビジネスで稼ぐ為に効果的な手法であり、その活用方法も色々あります。

 

『メルマガで稼ぐ為の基礎知識』でも紹介している通り、メルマガ単体で稼ぐには有料メルマガの発行とメルマガ自体へ直接広告を掲載する方法の2つに限られてくるわけですが、この2つの方法はかなりの発行部数がなければ収益化は困難です。

 

しかし、メルマガ単体で稼げるような発行部数に至らなくても、ブログなどのWEBサイトとリンクすることで集客を拡大する相乗効果は十分に期待できますし、初心者でも比較的簡単に取り組むことも可能です。

 

特に、アフィリエイトのようなビジネスではメイン媒体のWEBサイトとリンクさせることにより、サイトアクセスの増加と収益化に直結するピンポイントとなるページへの誘導が期待できますので、売上拡大に大きく貢献できる可能性があります。

 

当然ながらメルマガの読者数が増加するにつれて相乗効果の確立も高くなっていくわけですが、その為には片手間でメルマガを作成するのではなく読者にとって魅力的な記事作成に努めなくてはいけません。

 

読者が増加することによって徐々に人気メルマガとしてのブランド力も付いてきますし、ブランド力が付けば更なる新規読者の増加も期待でき、ここにも好循環が期待できます。

 

逆にWEBサイトとのリンクをしても、メルマガの記事がいい加減なものでは即刻登録解除の事態を招きかねませんし、登録は解除せずとも発行する度に迷惑フォルダへ直行と言う残念な状態も考えられます。

 

読者の期待を裏切らない記事作成と、メルマガとWEBサイトを読者が行き来できるような導線作りは、極めて重要になるのです。

 

但し、良質の記事を作成しているにも拘らず、記事以外の理由で読者が不快に感じたり不便に感じてメルマガを敬遠することもあります。

 

記事を際立たせる工夫を凝らし、しっかりと記事を読んでもらえる読者が好むメルマガを作る事が稼げるコツと言えるのです。

 

 

 

 

読者が好むメルマガを作る5つのポイント

メルマガの解除方法は一目でわかるように記載する

メルマガ登録の解除を阻止する為に、解除方法を不透明にする発行者も少なからず見受けられます。

 

いくら解除方法をわかり難くしても、メルマガの内容が魅力的でなければ次回から読まれることはないと思いますし、このようなメルマガは読者から悪質なものと判断される可能性が高く、記事内容に関わらず読者の不快感を増長しますので、解除方法は必ずわかりやすく記載する事を心掛けましょう。

 

 

 

発行者への連絡先を記載する

メルマガに対する質問や意見を聞く姿勢は読者との信頼関係を築きます。

 

また、読者との情報交換は今後のメルマガ発行のヒントになったり、色々な気付きをもたらしてくれます。

 

何かを一方的に売りつけるような乱暴な内容で、一切読者の声が届かないメルマガは敬遠されてしまうのです。

 

 

 

タイトル・目次・詳細・結論で構成する

読者がわかりやすく流れるような読み方ができるようにするには、メルマガ全体の繋がりを工夫する必要があります。

 

先ず、インパクトあるタイトルで目を引き、目次で大まかな伝えたいことの流れを把握してもらい、詳細な記事へと突入する流れが一般的です。

 

そして、最後には発行者の持論なども盛り込んだ結論で締めくくると、とても読みやすく解りやすい内容になるはずです。

 

 

 

目を引く装飾で差をつける

メルマガで最も重要なのは文章の内容ですが、だからと言って永遠と文字だけを羅列しても読者は疲れてしまいます。

 

各文章の項目ごとに装飾を入れて見やすくする手法は、読者の疲弊を回避しながら読んでもらう為に有効に働きます。

 

また、ありきたりのものではなく、少し凝った装飾を施すことでも読者の目を引くことができるでしょう。

 

=============★ 会員様にお得な情報 ★==========

 

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆

★ ☆ キャンペーン実施中 ☆ ★

☆☆☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*☆☆☆

 

★┃☆┃キ┃ャ┃ン┃ペ┃ー┃ン┃実┃施┃中┃☆┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
☆┃★┃今┃な┃ら┃ポ┃イ┃ン┃ト┃5┃倍┃★┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 

このように色々なメルマガの装飾があります。

 

 

 

情報を小出しにしない

メルマガへ登録した読者は特別な情報を期待しています。

 

後のネタ切れを心配して情報を小出しにしたり、情報の提供ごとにお金が発生するような仕組みを考えたりすることは読者を落胆させてしまいます。

 

自分の知っている知識や情報は全て出し切るつもりで記事を作った方が発行者のスキルもアップしますし、長期的な読者の増加にも繋がります。