WEBメールの開封率を上げる4つの方法

メールマーケティングは顧客化に効果的

WEBマーケティングの中でもメールマーケティングは最もオーソドックスな手法の一つと言えます。

 

ここ数年は、Twitter・Facebook・Google+など色々なソーシャルメディアが急激に全世界へ浸透している背景もあり、ソーシャルメディアマーケティングの広がりが勢いを増していますが、見込み客へダイレクトにアプローチできる手法としては、今でもメールマーケティングが効果的な手法の一つとされています。

 

ダイレクトメールの配信メルマガの発行などはメールマーケティングの中でも最もポピュラーな手法で、ネットビジネスの相乗効果を生む取り組みとしても有効で高い顧客化の効果が期待できます。

 

 

 

 

メールの開封率向上が最重要課題

メールマガジンはネットビジネス初心者の方々も比較的簡単に発行開始することができ、メールマーケティングの中でも最もポピュラーで効果的な手法の一つです。

 

メルマガはブログなどのWEBサイトとリンクさせる事でユーザーの囲い込みを効率的且つ効果的に実現することができ、有料のメルマガ発行が成功すればメルマガ単体でも大きな利益を上げることが可能となります。

 

最近ではステップメールなどのツールも簡単に利用できるようになり、メールマーケティングがより身近なものへと変化しています。

 

メルマガはユーザーからメルアドを登録してもらうことにより、読者に対し記事の定期配信を行います。

 

基本的には読者自身が配信を希望しているわけですから開封されるのが当然のように思えますが、実際には継続して開封してもらう為に色々な工夫や努力が必要となります。

 

当初興味を示したメルマガも魅力に欠ける記事内容の配信を続ければ、やはり登録解除や開封されずにごみ箱フォルダへ追いやられる可能性が高くなってしまいます。

 

記事の中身には読者に有益となる情報が求められますし、先ず目につくタイトルには開封を促す工夫が求められます。

 

特に、短い文章で読者の興味を喚起させるタイトルを作る事は大切で、記事の中身へ案内できるか否かの重要な役割を担います。

 

良い記事を幾ら作成しても、先ずはメールを開封してもらえなければ意味がありません。

 

読者に「読みたい」と思わせるタイトルを作成し、開封率を上げることが重要な課題である事は言うまでもありません。

 

 

 

 

飛躍的に開封率を上げるタイトルの作り方

メルマガのタイトルはお店の入り口のようなものです。

 

人気店舗は看板の装飾や外から僅かに確認できる店舗内の様子などが、魅力的な作りになっています。

 

メールタイトルの作りも同じで、限られたスペース内で更に記事が魅力的である事をアピールしなくてはいけません。

 

メールを開封してもらわない限り読者へ情報提供・情報発信ができないわけですから、タイトルは記事内容と同等の重要性を持つのです。

 

 

 

同じ悩みの仲間がいることを読者へ伝える

例えば「ネットビジネスの失敗はあなただけじゃない!」と言うタイトルに対し、ネットビジネスで稼げていない人達は同じ経験をしている仲間がいることに共感します。

 

独りではないこと、悩みを共有し合える仲間がいることなど、人間は何かに属したいと言う気持ちを元来持っています。

 

魅力的なタイトルを作るには、先ず読者の共感を呼ぶことが大切なポイントとなります。

 

 

 

読者の悩みを理解し味方であることを読者へ伝える

読者が今経験していることを理解し、あなたが味方であることを伝えると同時に「経験していることの悩みを解決してもらえるのではないか?」と言う期待を持ってもらうことが効果的です。

 

「ネットビジネスの失敗はあなただけじゃない! 私も失敗の連続だったのです!」となると、「自分も今は稼げていないが、同じような経験をし克服してきたこの人なら悩みを解決してくれるのでは」と、期待が生まれてくるわけです。

 

 

 

勇気付ける言葉を読者へ伝える

「ネットビジネスの失敗はあなただけじゃない! 私も失敗の連続だったのです!」と言うタイトルは「あなたは独りじゃない」「私も同じ経験をしてきたが克服できた」と、人間の基本的欲求である仲間意識を煽る言葉と結びついています。

 

同時に「私が克服できたのだから、あなただってできる」「私が教えてあげる」と、勇気付けの言葉と救いのメッセージも込められています。

 

直接的或いは間接的にでも、読者が勇気付けられる言葉は効果を発揮します。

 

 

 

読者の危機意識に訴えるタイトルを作る

一般的に人間は欲求を満たそうとする為の努力よりも、今の状態を維持しようとする努力の方が強く働きます。

 

例えば、ネットビジネスで稼げていない人達へ「私も騙された絶対に稼げないネットビジネスの手法」と言うタイトルのメールを送ったらどうでしょう?

 

「もしかして今自分がやっている手法も同じものなのでは?」と不安になるはずです。

 

このような読者へ警告を促すようなタイトルはメールを開封してもらえる確立が高まります。

 

そして、メールの中身が読者の不安を解消する内容のものであれば、あなたが望む行動を読者へ促すことができるでしょう。