2つのタイプのサイト訪問者が与える影響

一見型タイプと常連型タイプ集客すべきはどっち?

ブログなどのWEBサイトを活用してネット収入を稼ぐには、多くのネットユーザーからサイト訪問をしてもらう必要があります。

 

このサイト訪問をしてくれるネットユーザーは、初回訪問となる一見型ユーザーとリピーターと言われる複数回サイト訪問してくれる常連型ユーザーの2つに分類されます。

 

一見型のユーザーは、何らかのキーワードを基に検索でヒットしたサイトへ情報を得る為に初めて訪問します。

 

一方、常連型ユーザーは既に訪問経験がありますので、更なる情報を得る為に特定のサイトを検索し訪問します。

 

但し、常連型ユーザーも初回訪問の後にサイトが有益であると感じたり、更新記事が魅力的であると感じることによって次第に常連化したわけで、元々は一見型ユーザーと同様の経緯が始まりとなってリピーターになっています。

 

つまり、サイト運営を支えてくれる多くのリピーターを獲得する為には、初回訪問となるネットユーザーを数多く集客する仕組みを構築し、後に一見型で終わらない為のコンテンツを用意する必要があるのです。

 

 

 

 

一見型と常連型がWEBサイトへ与える影響

ネット収入を稼ぐ為のWEBサイト構築には、色々な形式があります。

 

その形式に従って常連型と一見型の訪問ユーザーがWEBサイトへ与える影響も異なります。

 

例えば、常連型ユーザーを多く抱えることでメリットがあるネットの稼ぎ方は、ネットショップのような形式のサイト運営が挙げられます。

 

特に消耗品などの商材を扱うWEBサイトでは、常連型ユーザーは繰り返し何度も購入することが期待出来ますので大きな財源となる可能性があります。

 

一方で、当サイトのようなアフィリエイトやポイントサイトの稼ぎ方を情報提供する運営形式では、該当の稼ぎ方の未経験者を集客することが利益に繋がります。

 

権利収入が発生するような仕組みであれば常連型ユーザーの集客も高い効果が期待できますが、単発的な購入や登録を促すのであれば、一見型であっても利用経験のない新規訪問者を多く集客することが利益に繋がるのです。

 

但し、当サイトのような運営形式の場合、常連型ユーザーの集客を無視して良いわけではありません。

 

当サイトでは特に初心者の方を対象にネットで稼ぐ為の方法をレクチャーしながら、色々なネットビジネスの種類などを情報提供をしているWEBサイトになるわけですが、このような形式のサイトは情報の新鮮さや正確さが求められます。

 

情報が古くならないように定期的な更新や修正も必要としますし、何よりもユーザーから有益であると実感してもらう信頼関係が大切になります。

 

その為には常連型ユーザーとのネットワーク構築が重要なポイントとなり、構築に成功すれば、更に一見型ユーザーを集客する為の情報の収集と拡散に拍車がかかります。

 

実際に私の運営するサイトでは、常連ユーザーからも度々メールを頂いたり、コメントを頂いたりしています。

 

このようなコミュニケーションで構築されたネットワークにより、常連型ユーザーが運営サイトの情報を拡散してくれる事は大きな効果を呼びます。

 

また、訪問したネットユーザーを常連化できないような魅力に欠けるサイト構成では、一見型ユーザーも殆どサイト内を回遊する事すらなく離脱してしまいます。

 

この2つのタイプのネットユーザーから受ける影響を十分に理解し、良質なコンテンツを作成して提供を継続できれば、様々な相乗効果を生む質の高いサイトを作り上げることが出来るのです。

 

 

 

 

新規訪問者を集客する前提条件

新規訪問者を多く集客するには、検索結果の1ページ目か2ページ目までに運営サイトを表示させる必要があります。

 

検索上位へとサイトを押し上げるにはSEO対策が必要となるわけですが、色々なSEO対策の手法がある中でロングテールが期待できる方法は質の高いコンテンツを作成し提供することです。

 

良質なコンテンツを作成するには、専門性が高く情報量が多いサイトを作り上げることが必要となるわけですが、特に情報量の多さは重要で、その為には情報を蓄積する為の多くの記事作成が必要となります。

 

高度なテクニックのSEO対策や外部委託してお金を掛けながら取り組むSEO対策も色々ありますが、先ずはあまり難しく考えず自分が良いと思える文章を作成し、できるだけ多くの記事を更新していくことが新規訪問者を呼び込む為の最も有効な方法となるのです。

 

更新作業に慣れてきたら、検索エンジンを意識したキーワードを盛り込みながら更に記事の質を高めていきましょう。

 

 

※参考記事

『最低限やっておきたいSEO対策』

『初心者必見のSEO対策6つの基本』

『スモールキーワードで賢く稼ぐ方法』